FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2020 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

形容詞の勉強

2014/04/09(Wed) 22:26
ドラマThe Sopranosをじっくり鑑賞
本日最終回
いろいろな意味で面白かった
人間関係がものすごい
インテリアデザインにもついつい目がいってしまう
マフィア宅はいかにも悪趣味で成金っぽい
でもキッチンも素材が高級じゃないあたりが更にリアリティを増す
精神科医の診療所だけやたら違っていてそういう対比も面白い
イタリアンマフィア事情、Godfatherよりこっちが本物に近いんだと思う
不可解なフランス映画もびっくりするようなすごい最終回
英語はマフィア的スラングなんかも多くて難しかった

sopranos_stern01.png

うちは野蛮人JRの影響もありかなりアメリカドラマを観ている
現在のところやはりBreaking badがドラマの中では一番すごかったかな?
あとSix feet underは秀逸
The wireも良かった
で次は何を観ようか考え中

それでHBO VIDEOのパンフレットを眺めていたら
何気に形容詞が面白かったのでご紹介

日本の教科書英語じゃ力不足だと心から感じるような形容詞ばかり
わかりそうでわからないのもあって私思わず辞書引いた

1.HARD-HITTING
2.SIDESPLITTING
3.EMOTIONAL
4.EPIC
5.MAVERICK
6.MYSTERIOUS
7.MATRIMONIAL
8.CAUTIC
9.COOL
10.GROUNDBREAKING
11.GRIPPING
12.GRITTY
13.SHOCKING
14.MOCKING
15.CANDID
16.CLASSIC
17.COMICAL

私の適当な答えそして括弧内はその形容をされたドラマ名

1.痛烈な(The Sopranos)
2.抱腹絶倒(Extras)
3.感情的情緒的 (Six feet under)
4.壮大(Rome)
5.型破り(Lucky Louie)
6.不可解(Carnivale)
7.婚姻の(Big love)
8.辛辣(Curb your enthusiasm)
9.いけてる(Entourage)
10.画期的(Oz)
11.心をつかむ(The wire)
12.気骨ある(Deadwood)
13.衝撃的(Epitafios)
14.嘲笑う(The comeback)
15.ありのまま(The mind of married man)
16.不朽(Sex and the city)
17.滑稽(Arliss)

スポンサーサイト



language コメント:2 トラックバック:0

超カスタムビジネスフランス語講座

2012/09/11(Tue) 21:06
気がつけばこの11年右も左もわからないような状態で
フランス語の中で暮らしてきた

本当に着いた当時は欲しい物すら買えず
スーパーとかできるだけコミュニケーションの少ない場所に買い物に行っていた

10年前にフランス語の勉強もまだまだ足りないような状態で働き始めた
最初の頃は家についたら一日集中しているせいで頭が放心状態
夕方5時以降のフランス語はどうでもいいやって感じだった
それでも元上司件友達のシルヴァンが飽きもせず毎日のように私を家に誘ってくれて
一緒に料理したりお酒を飲んだりして話していたらだんだんわかるようになってきた
仕事でも英語が通じない分フランス語に集中することができた
ビジネスでメールを書いたり、できるだけ丁寧に電話に出て要件を聞いたりしんどかったけど
そういうことをずっと毎日してきて随分良くなったとは思う
でもやっぱりフランス語が母国語じゃない私には細かいニュアンスや素敵な表現は
ぱっと出てくるはずもない
年齢的にも昔みたいにすっとは入ってこないしさっと出ていってしまう
今はイタリア人と働いているから彼に質問しても一緒に悩むばかり
でもその答えを探すまもなく次から次へと毎日進んであっという間に10年も経った
私の語学は完全に叩き上げフランス語
周りの人がただただ辛抱強く私の言葉を理解してくれてきたことに感謝

そんな今、落ち着いてビジネスのためにまたフランス語を勉強しようと思っている
友達のフランス人にお願いしてわがままビジネスフランス語コースを一ヶ月に一回開いてもらうことにした

わがままというのは、
「昨日こういうメールを書いたけど最後の文末の表現はこれでよかったのだろうか?」
「電話で相手の名前を聞くときに一番いい表現は何なのか?」
「私のフランス語の弱点は何か?」
こういう日頃誰も答えてくれない質問をしてそれに答えてくれるという条件だから・・・
条件はフランス語で日頃仕事していて苦労している人向け
一クラス最高4人までしか受け付けられない

私はただのオーガナイザーそして一生徒
先週実験で二人で質問と回答やってみたら
30分で大分問題解決

もっと早くにやるべきだった
ブラッシュアップしてきます!


language コメント:3 トラックバック:0

Speaking English like an American

2012/06/01(Fri) 08:22
昨日立ち寄った図書館で中古本のセールをしていたので
ちょっと見てみたけれど競争率が激しくてまるで
バーゲン会場

かごいっぱいに本が入っているひともチラホラ
あるおじさんはかなり面白い本ばかり選んでいて
中にはアシモフ、村上春樹などなど

私も何か面白い本でも見つかればいいなと思って探したが
なかなか難しい

最後に外国語コーナーというところに立ち寄ったら
Speaking English like an American for native japanese
という日本人向けの本がある
いわゆる使える表現のイディオム本だ
とりあえず手にとって見たらCD入りで悪くなさそう

結局それだけを手にしてレジに向かう
レジのおばさん、この本を見て一言

「Are you sure that you want to speak like an American?」

一瞬えっと思ったけど次の瞬間、大爆笑!

カナダ人にとっては、アメリカ人の態度のでかさは許せないと思ってるから
アメリカ人みたいに話せるようになる=あなた、本気でああなりたい?

とりあえず二人で大爆笑してその後、
「私の日常会話にスパイスを追加しようと思いましてね」などといったら
彼女も
「あら、これ日本語なのね。なるほどなるほど。でもアメリカ人みたいになっちゃだめよ」

はい、気をつけます

language コメント:0 トラックバック:0

Kiss of the sun

2012/05/31(Thu) 08:45
しばらく会っていなかった仕事仲間のPさん、
相変わらずエレガントで美しい

ちょっと日焼けしていていつもより元気そう

「天気良くなったよね~、私なんか野良仕事で真っ黒」
なんて話していたら

"Yeah, we all got a kiss of sun!"

なるほど、そうきましたか・・・

美しくいられるのは
こういう日々の鍛錬によるものなのかと
思った瞬間・・・



language コメント:0 トラックバック:0

マダム ウドンさんから電話です!

2008/02/28(Thu) 11:57
仕事してるといろんな方から電話を受けます

ケベックでかなり多い名字はトランブレーとかですが
メモをとる私にとっては変わった名前のときは
構えてアルファベットのつづりを伺うことにしています

時々面白い名前に遭遇

今日はね
ウドンさんでした (HUDON)

どうやらコンブさんもいるようです(COMBES, LACOMBE)

笑っちゃいけないけどやっぱり可笑しかったりして・・・

language コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク