FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2008 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

渡り鳥

2008/04/21(Mon) 21:29
ラディカルなケベック州のお天気

まだ北側に残る雪を横目に
先週の木曜、金曜は夏かと思うほどの気温

土曜日は7ヶ月ぶりに窓を少し開けて寝てみた

朝ひんやりとした空気が部屋に漂う

さすがにちょっと寒い

ベッドから出るのをためらっていたら


渡り鳥ベルナッシュの鳴き声が空高くから聞こえる

・・・

やっと春の到来


か?

(もう一回くらい雪が降ってももう驚かないぞ)

スポンサーサイト



outdoor コメント:2 トラックバック:0

コート美学入門

2008/04/21(Mon) 20:24
バーバリーやアクアスキュータムに代表されるように
いいコートっのは人の品格を上げるとは常に思ってきたけれど
でもなかなかいいコートを上手に着るのは難しい
コートに着られたらもっとかっこ悪い

でも年齢とともに
シミ、シワ、白髪に加え
なにかしら貫禄がついてきて
そろそろいいコートの着れる歳になってきた気がする
このごろ

まずはいいコートがないと話にならん

バーバリーほど高いのは買えないので
とりあえずかっこよくコートを着る初心者として
カナダデビューならモントリオールデザインの

RUDSAK

だと勝手に決めていた

で、半額だったので一着購入

黒のちょっとつやのある布だけど
トリム、ボタン、ベルトが革

革のベルトをきちっと締めて
颯爽と歩いたりすると

なんかちょっとだけ

いい女になった気がする 

目標は65歳くらいで
中身も伴って
かなりかっこよくバーバリーが着れるのが
私のコート美学の到達点

日々努力あるのみ

未分類 コメント:2 トラックバック:0

愛すべき空間 LHSQ

2008/04/21(Mon) 14:34
それは

LIBRARY & HISTORICAL SOCIETY OF QUEBEC
このサイトではおばあさんがガイドしてくれます

先日たまたま撮影に使った場所

超隠れ家的存在

閲覧は誰でもできて
本を借りたい場合は45ドルでメンバーになれる

たくさん本があるところにいると
それだけでなんだか幸せ
オードリーヘップバーンの映画に
こんな場所があったような・・・

あまりに素晴しかったので
ついこうして書いてしまったけど
ほんとうは紹介したくないくらい
愛すべき空間で
独り占めしたい
歴史と知識の融合した場所

こういう長生きする空間って
素敵だと思う



design コメント:0 トラックバック:0

MANÈGE MILITAIRE

2008/04/14(Mon) 09:40




ケベック開拓400年のイベントを目の前に
最近火事で焼けてしまった軍の博物館 
ケベックでは歴史的保存建造物ともいえるのに
爆弾でも落ちたみたいに焼失

でもさすがに石の建造物、
ファサードはしっかり残っている

私はよくこの前を通って現場に行っていたので
この火事の起こる2週間ほど前のある寒い朝
こんな写真を撮っていた

ML-AVANT.jpg


新市長もこの再建のためがんばっている様子

いまどきこんなディテールの多い建物を建てないからこそ
こういうのはやっぱり復元する価値ありだと思う


photo コメント:0 トラックバック:0

HOTEL PREMIÈRES NATIONS

2008/04/08(Tue) 23:45
ヒューロン族の街に最近出来たばっかりの
ホテル&ミュゼ プルミエナシィオンに泊まってきました
http://www.hotelpremieresnations.com/

友人Mちゃんの彼がその博物館で働いているので
その恩恵にあずかり割引券をゲット 
友人の建築家が内装を担当したこともあり
たとえ私の家から車で20分で着くにしても
これは行くしかないでしょう!

お部屋はこんな感じ

HOTEL PN1


部屋からは林と川が見える

HOTEL PN2


ビーバーのクッション、アライグマの背あて、きつねの飾りなど
普段そんなに触る機会のない毛皮をなでつつ
ハドソンベイ社の歴史を読む

面白いんですよ、これが・・・
昔はインディアンと開拓者の交易に使われていたのは
毛皮に対して、ウールの毛布

この写真の毛布がそう
この毛布でインディアンはコートを作って着ていた

黒い線がはいっていますが
この本数はその目安になっている

1本だとビーバー1匹
2本だとビーバー2匹というように・・・

建物が繋がっている博物館にももちろん行ってきました
博物館はティピの形でホテルはメゾンロングの形

Dさんにいろいろ説明してもらいながら展示をみる
この街の歴史や特徴についてよく説明できていて
いわゆる一般的インディアンの博物館よりも
特徴があって面白い

夜は地下のレストランでゆっくり夕食
とはいえ満席御礼
前菜はかなりいけている
インディアンのスープ、サガミテは
かなりうまい
が、メインテディッシュは、ちょっと甘めの味付けが気になる
勝手に採点、
ずばり75点です

部屋に戻り寝酒ワインを飲んでいたら
野蛮人がふと
「ぼくはね、子供の頃、猟師になりたかったんだよ」というびっくり発言
仕掛けを作った話や、それにかかってしまった猫の話とかで夜更けまで盛り上がったのでした
このアンビアンスがなせる業

こんな週末もたまにはいいな~

MちゃんとDさんに感謝!


design コメント:3 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク