FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2009 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

朽ちる納屋 1

2009/10/27(Tue) 21:24
grange 1

夏のひとコマ

Abitibi にて

スポンサーサイト



on the road コメント:0 トラックバック:0

わびさびなるもの

2009/10/26(Mon) 10:49
わびさびとは
日本にだけ存在しているものではない

野蛮人のお母さんが持っている
タルト皿には
何十年もかけてタルトを焼いてついた
傷やら焦げ跡がついていて
それはまさしく
愛情のこもった
わびな代物であった

徒然草 コメント:0 トラックバック:0

シナモン通り

2009/10/23(Fri) 08:44
自転車通勤の私が
よく通る道に大手のパン工場がある
(Rue HoltとAvenue Des Érablesのあたり)

そこはどうやら
シナモンバーンズか
レーズンパンを作っているらしく
その近くを通ると
いつもシナモンの香りがする

ちょっと懐かしい感じ
お菓子を作っている場所にいるような臨場感・・・

その前をしょっちゅう通っていたら
ここんとこシナモン系お菓子が無性に食べたい

どうやら
すごいサブリミナル効果を発揮

あ、今までのところ一番おいしかったシナモンバーンズは
なぜかガソリンスタンドUltramarにあるTransit Cafeのもの(なんでここなんだ?)

あとBeaubienのパン屋さんFromont et de Sèveのも悪くなかった
ここはもっとももっとハイクオリティですが・・

ちょっとはまったな・・・



徒然草 コメント:0 トラックバック:0

一周忌

2009/10/11(Sun) 21:21
あれからもうすぐ一年

暖かい小春日和の秋
病院で過ごした数日間

あれは夢だったのではないかとふと思う
息を引き取るとても長くてとても短いその瞬間までを

父は2回死んだ

一回目の死は
18年前に脳梗塞で倒れた日
二回目の死は
去年の肉体の死

18年前に倒れて以来
私はその事実を最後まで受け止められずにいた

元気だった頃の思い出が色あせてしまうくらい
何度も頭の中でリピートしながら信じたくないと
17年間もただただ夢であってほしいと願っていた

今生々しく思い出せるのは
むしろ倒れてからの姿だけ

その無念さを
その辛さを
それでも生きていかなくてはいけないことを
その周りでささえてきた人たちを
私はちっとも理解していなかったのではないか

人の人生はほんとうに短いもの

一周忌
遺影の前で何をその日に分かち合えるのだろう?


徒然草 コメント:0 トラックバック:0

Chairs for sale!!

2009/10/02(Fri) 13:40
30$ for each chair!
2 chairs only


Imitation Suede fabric
Moca color
with wooden legs

chaise2.jpg
chaise1.jpg






















call me : 514.495.3037 (10:30-18:00) Wednesday- Saturday (Japanese, English, French or Italian)
I'll update soon with another chair in leather!
Thanks!


未分類 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク