FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2010 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

モントリオール・ギターショー

2010/07/14(Wed) 23:29
もう終わってしまいましたが・・・

今年で4年目のモントリオールギターショウ
去年に続き行って参りました

ここには世界中(といっても北米90%ヨーロッパ8%日本2%ぐらいの割合だけど)から
ギター製作者が出展している

野蛮人は前日にも行っていて
「今年はまた別の日本人がすごくいいギターを作っていた」という
それは富山のリュティエ、SUGITA KENJIさんという方でつい日本語で声をかけてみた
非常に気さくな方で、まだ20代かと思いきや
25年もギター製作をしていると聞き、その場にいた私たちはみんな
「え、2歳の頃からギター製作してるんじゃないですよね?」とびっくり
やはり芸が細かいというかデザインも繊細で非常にバランスがよく
さすがに日本の職人さんの仕事だなとうっとり眺めていた
おまけに一緒に行ったタッピングギターを弾く友達が
「是非試してみたい」といって彼のギターを試し弾き
彼も音色にもかなり満足していた

そしてErvin Somogyi氏
まさにギター製作のマスター!
彼の去年のブースを見てそれで彼のギター製作本を野蛮人の50歳の誕生日に
送ってあげたのだが・・・1ヶ月経っても届かない
私が家に届かないように住所を職場にしたのが失敗で郵便番号を間違ってしまった
アメリカの郵便局に問い合わせたら
「送り主が住所変更の手続きをしないと送れない」という
このあたり「北米のストレス」に憤りつつ
仕方なくソモジ氏の工房に連絡して事情を説明
じゃ住所変更手続きお願いしますってことで話は終わりつつあったが・・・
ちょっと待てよ
「あのぅ、もしかしてソモジ氏ですか?」
「はい、そうです」
WOW!!
「来年もモントリオールにいらっしゃいますか?」
「ああ、行きますよ!」
「じゃ、ご挨拶に伺います」
「じゃモントリオールで彼と一緒に来てください」
のような感じで電話を切った

人生たまにはミスっていいこともあるんだな

約束したので
忙しいソモジ氏が暇になったタイミングを見計らって挨拶に行く

ナ「あの~去年住所を間違えて本を送っていただいたものですが・・」
ソ「あ~、覚えてるよ!!」
ナ「本は彼のベッドタイムストーリーになってます」
ソ「それはよかった!」
ナ「あ、あれが彼です、ちょっと野蛮、きてきて!!」
ヤ「本毎回楽しく読んでます、面白すぎてなかなか眠れないですよ」
ソ「それはよかった、ギター製作の役にたっているかい?」
ヤ「それはもう・・・」
ソ「君たちはいったいどんな仕事をしてるんだい?」

このあたりは「北米のいいところ」である
どんな人とも対等にカジュアルに話ができるのだ
アホな間違いを犯した私ですら暖かく迎えてくれる
感謝
会話の一つ一つがありがたい、一言一言に重みがある

ソ「ギター製作でものすごいお金持ちになることは無理だよ、好きじゃないとできない」

そんな彼の作った特別なギターはなんと$75000、日本円にしたら約750万円?
それはもうギターという楽器を越えた作品
でもそこにはもう何時間かかったとかそういうことを超えた
巨匠にしかできない業がいくつも織り込まれていて
ただただ圧倒されてしまう

そのギターのコンサートも聞いてきたけれど
その人の人柄がでるのだろうか?
繊細で奥深いなんともいえないサウンドであった

ギター製作に携わっている人たちはみんな非常に感じがいい
奥深い、追求しつづける人たちなのだ
本当に好きなことをして暮らしている人たちは
潔い

あそこに行く度に
人生好きなことをして生きていかなくてはいけないと
改めて思い知らされる




スポンサーサイト



montreal コメント:0 トラックバック:0

ワールドカップ終了

2010/07/14(Wed) 00:23
ワールドカップ予想
見事にはずしましたね~
たこのポール君に秘訣を教わらないと・・・

オランダはラフプレイすぎと言われているけれど
あれはあれでしょうがない
どんな手を使っても勝ちたいと豪語していたのだから
が、あのレッドカードで出て行ってしまった彼の守っていた場所のせいで
どうもスペインに一点を与えてしまったように見えるけど・・・
オランダのロッベンですか?彼はすごい、そして面白かった!あのちょっとおかまっぽい形にみえる
ドリブルであそこまでがんがんスペインの間を通り一人でゴール前まで持っていく
勝手に(年をとって見えるので)いやぁ彼にとってはきっと最後のワールドカップに違いない
と思っていたらなんと周りの皆さんと同じような26歳!?ふけて見えるぜ~
しかしいずれにしてもスペインが一枚上だったのだ
GKはどっちもすごい守備だった

3位決定戦のほうが断然おもしろかったな
たった8点でも優勝できるのだ
派手さがなかったけれどスペインのチームプレイが優勝し
審判の判断が試合の結果に響いた今大会

4年後までにはもう少し勉強しておこーっと

次回の開催地ブラジル

12年前、ブエノスアイレスの友人の働く銀行にブラジルの銀行から
「ブラジルの試合のある時間帯は銀行は機能していませんのでご了承下さい」
という内容のファックスが送られてきたといっていた

2014年、
ブラジルは大会中きっと誰も働かないぞ

徒然草 コメント:0 トラックバック:0

ワールドカップ その3

2010/07/07(Wed) 23:16
もうついに決勝まできてしまいましたね

私の決勝予想はみごとにはずれ
(運送会社のおじさんも見事にはずれたけど)
ま、個人的な好みが入っていたことは間違いないけれど

あのアルゼンチン戦を見た後で
ドイツが負けるとは正直思わなかった
ブエノスアイレスはあの悪夢のような試合をどうやって観戦していたのだろう?

が、その勝者ドイツ、今日は実に切れの悪い試合をしていたように見える
もしくは本当にスペインが攻めにくいチームのように見えた
(ドイツの監督はインテリ風でちょっと坂本龍一似でしたね)
実際スペイン戦は今大会一度も観ていなかったけれど
たったの得点数7点だけでここまで来ているなんて・・・ 

みんな紙一重なのかもしれない
もしくは時の運なのか・・・
ベスト8に南米が4カ国もいたとは思えない
このベスト4

ガーナ戦はきつかった
観ているのがしんどかった
サッカーは時としてモノポリーくらい恐ろしいゲームだ

ドイツが勝ったらつまんないなと思っていたけど
こうなるとどっちの応援をしていいかわからないのが本心

こうなったらオランダに勝ってもらって
日本のサッカーの株が上げたほうがいいんじゃないか?

もう一度挑戦
決勝予測
オランダが優勝して
3位は無理やりウルグアイ

試合が突然なくなる来週、なにか物足りなくなること間違いない
徒然草 コメント:0 トラックバック:0

一枚の木から

2010/07/06(Tue) 21:24
野蛮人とそのお父さんの愛読雑誌
「Fine Wood Working」
いわゆる家具職人の雑誌である

私も家具やら木材についてこの本から時々学ぶことが多い
その中で見つけたSeth Rollandさんの不思議なテーブル

これ

形云々というよりその発想がすごい
このスタイルでもっとすごいことができると思う

技と技術に拍手



design コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク