FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2010 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

きのこ狩り反省会 2010

2010/10/29(Fri) 00:17
毎年恒例きのこ狩り

とはいえ
春には春の
夏には夏の
秋には秋の
きのこがある

つまり今年のほとんどの日曜日を森で過ごすことになる

「石の上にも三年」とは本当で
さすがに3年もきのこを探してうろうろしていると自然とスポットが増えてくる
その結果、今年は暑かったにもかかわらず大猟(豊作?大漁?)
それはだんだんスポットが増えてきた証拠だ
それから私たちの目と勘もかなり鍛えられている
ある種の針葉樹林を見つけたらたら迷わず森に突入していく

今年の夏、登別、地獄谷近辺でたくさんきのこを見つけた
(絶対食べれそうだったけど日本のきのこはまだ知らないので遠慮)
でも日本の森は熊笹やらいろいろな植物が多くて歩きにくそう
こっちの森はその点ずっと楽だ
コケやらシダ類くらいで
葉っぱや幹で何の木かわかれば
その近くに生えるであろうきのこがいる可能性が高い
去年見つけた場所には今年も出る可能性が高い
ということで今年からフィールドノートをとり始めた

いつ
なんの種類が
どの場所で採れたか
すべて書き留める

オタクの粋まで
あと一歩

これは春のMorille
日本名はアミガサタケ
今年最大の発見
見つけるまでは気持ち悪いと思っていたけど
見つかったらなんて美しいのかしらって感じ
おまけに美味!!

MORILLE_20101029133812.jpg

これは
Corne d'abondance, Trompette de la mort
日本にはないかも・・・
ある薄暗い中で突然自分が
このきのこの上を歩いていることに気がついた
料理すると黒い液に染まる
これまたクリームソースにすると最高
fausse corn abondance

これはChanterelle en tube
水辺に近いところでよく発見
これは私の大好きな釣りスポットで2年連続見つけた
釣りときのこで私はかなり忙しいことになる
ちょっと水っぽいけど
オムレツにいれると楽しめる

chanterelle en tube

これはその釣りスポットの場所で見つけたミックス
Pleurote en hu醇atre(下の方の大きい白っぽいきのこ)は
たいていナッツ系の香りがして美味しいはずが
今年はなぜか苦い
食べられませんでした
champignon iroiro PETIT

そして秋のスペシャル
Cèpe
いわゆる絵に描かれるきのことはこれだ
そして硬くて味がいい(ほんとに硬い)
これも3年間探してある日突然足元にあったという感じ
CEPE.jpg

夏にきのこを探しに行っても見つからない日は
このブラックベリーを何キロも採って帰ってきた
今年何度食べたかわからない
生食だと本当にいい野生の味がする
ジャムにするとなぜか野性味が消えて芯が硬くて食べにくいのが残念
MURE.jpg

まだマツタケを見つけていません
来年はきのこバカンスを秋にとる予定
マツタケのために行かなくてはいけないところがあるのだ

こうして私たちのきのこの日々は冬の気配とともに
おしまい

野蛮人はギター製作の日曜日に戻る
私はなにを始めよう?
スポンサーサイト



outdoor コメント:0 トラックバック:0

旅人

2010/10/20(Wed) 08:18
もうずいぶん長い間旅に出ていないと思う
日本への往復は私にとっては旅とは言えない

旅とは知らない土地に一人もしくは他のその土地を知らない人とたどり着いて
いろいろな人と出会い
少なからずカルチャーショックを受け
見知らぬ風景に感動したりすることであり
そこから自分を再発見するというプロセスがあって
旅は完結する

アルゼンチンの辺境を一緒に旅をしたイギリス人の彼の一言
「こうして期間もきめずに旅をしているうちがいいんだよ。
国に帰ったらなんだかんだいって仕事についてそして結婚して日曜日は奥さんと一緒に
ガーデニングショップ(このへんがイギリス)にいったり買い物に付き合ったりして
庭いじりが趣味ですとかいうことになるんだ、ほとんどの人がそうさ」
彼はオックスフォード大学で農業の研究をしているといっていた
その当時の私も彼もそんなことを望んではいなかったけれど
いつかそういう時期も過ごすことになるのであろうかと疑っていた

確かにいつまでも旅人ではいられない
普通の暮らしをすることもまた大切だとも思う
でも心に旅人の自分がいていつでも出かけたいと思っている
野蛮人もそうだ
彼だっていつでもすべてを片付けて旅に出かける準備ができている

家族を築いて幸せになる人
旅をして幸せを感じる人

後者は孤独かもしれない
でも一度その種の感動に触れたら一生孤独でもいいと思う
そしてまた旅に出たいと思う

時々ふと思う
イギリス人の彼は、今頃どうしているだろう
彼もまた旅に出たいと時々思っているだろうか
徒然草 コメント:0 トラックバック:0

2周忌

2010/10/13(Wed) 23:51
父の死から2年
今年もあの時と同じようにいい天気が続いている

父の写真は野蛮人のおばあさんの隣においてある
二人で世間話でもしてくれるだろうか?
うちではみんなが何かとその写真にお酒をあげたり話しかけている

夜になってコンピュータにむかっていると
時々何かが空間を浮遊、徘徊していると感じる
多分父に違いない
あの晩も本当にそう感じたのだから・・・

お父さん、元気ですか?
いつもみんなを見守っていてくれて有難う
昨日、日本時間の今日、チリの炭鉱の33人も全員救出しました
いい日になることでしょう
またね


徒然草 コメント:0 トラックバック:0

Carleen Anderson

2010/10/13(Wed) 21:55
秋は音楽の季節だ

なんだか突然、あ、
彼女の声が聞きたいと思う

Carleen Anderson

Young Disciplesがあまりにかっこよすぎて
20代に何百回も聴いたアルバム

Road to FreedomRoad to Freedom
(2006/08/14)
Young Disciples

商品詳細を見る


Get Yourself Together
やっぱり最高、そしてあまりに懐かしい

ソロになったころから私はタンゴに意向して
他の音楽を聴かなくなったので
遠ざかっていた

彼女のソロも相変わらずすばらしい

最近はお母さんのVicki Andersonも
なんとなく仕事中Youtubeで聴いている

そうこうして夜のYoutubeは私をAcid Jazzへと引きずり込んでゆく

music コメント:0 トラックバック:0

忘れてた!

2010/10/06(Wed) 23:01
そういえば去年の12月に頼んだ書類

L'Évaluation comparative des études effectuées hors du Québec

ケベック以外の土地で勉強したことについてケベックではどういう位置づけになるのかっ
ていう種の政府が出してくれる書類なのですが

待つこと

6ヶ月

すっかり忘れるとこだったぜ

で、それと履歴書を送って

ケベックのプロインテリアデザイナー協会の会員になりました
7月に・・・

どうも時間感覚がケベック政府式が感染

どうもデコレーターとデザイナーとの位置づけが曖昧なので
それをきちんと区別したいという意味でこの協会は設立されたようです
ちなみにデコレーターは、勉強も資格もなくてもできます

こっちの学校で勉強してないので、これで私の職歴にきちんとした価値を与えてあげようという意図で・・・
(水戸黄門の印籠にも近いですがね~)
ま、これでケベックの誰もが納得がいくことでしょう!

私の仕事キャリアのためにその会費400ドル(汗)

時給引き上げ時だな・・・(笑)




徒然草 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク