FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2011 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫04

さくらせっけん

2011/03/27(Sun) 20:15
あらゆる義援金バザーに参加したいけど忙しくて全然準備時間がなかった
品物がないのではやはり無理

ということで週末ちょっと石鹸作りました
日本のことを想いながらさくらのせっけん
以前にクリスマスプレゼントに雪の結晶せっけんをつくったので
そのベースがここで役に立つ

sakura1.jpg
sakura2.jpg

この色といい、袋といい、いや~本来の私のガラじゃないんですけど
さくらですから・・・

次回の義援金バザー、このさくらせっけんを売って義援金にします!
一個1ドルあたりでいかがでしょう?

スポンサーサイト



徒然草 コメント:2 トラックバック:0

東北地方太平洋沖地震義援金の受付

2011/03/26(Sat) 10:48
在モントリオール総領事館が義援金の受付をはじめました

領事館の配慮に本当に感謝です!

できるだけカナダ赤十字を通したくないと思っていた方には朗報
(私も今週カナダ赤十字社に連絡を取っていましたがぜんぜん返事なし)

日本赤十字社とカナダ赤十字社とは危機感がまったく違うように受け取りました


現金の場合は領事館に直接持ち込む

小切手の場合は以下の住所へ
小切手宛先 : Consulat General du Japon
送付先住所 : Consulat General du Japon a Montreal
(RE : Seisme)
600, rue de la Gauchetiere Ouest
Bureau 2120
Montreal, Quebec
Canada H3B 4L8

これで野蛮人の会社の同僚が集めてくれたお金、そして私の友人が渡してくれたお金を
もって行くことができます

モントリオールでもケベックでも義援金集めにみんながんばっています

協力本当にありがとう

徒然草 コメント:0 トラックバック:0

「直接被災していない人の災害時の心得」

2011/03/21(Mon) 10:10
友人であるプロカウンセラーの池内秀行さんと
地震後、メール、スカイプで連絡を取っている

彼の一言一言が私をずいぶん落ち着かせてくれた

そんな彼から送られてきた最新メールに
「直接被災していない人の災害時の心得」というのをアップしたということだったので拝見
すべての人にとって今大切なことだと思うのでお願いして
私のブログに載せてもいいという許可をもらった

こらら
池内さんの「直接被災していない人の災害時の心得」

池内さん曰く
「大切なのは、状況の違いを認識して、感じることは感じる
こととして、共有することです。

大切なのは、安全圏にいる人が、関われるタイミングのために
精神的にも経済的にも体力を温存しておくことです。

長いスパンで、必ずサポート出来ることがあります。

援助も焦らないこと。区別することが、お互いを助けます。

それが危機状態の鉄則です。」

被災地にいていなくてもみんながこの地震で傷ついている
そのことを受け入れよう

こんなときだからこそ、協力して助け合って
被災地の復興のために直接的じゃなくても
長丁場で貢献できたら・・・

海外にいると知らず知らずに日本人であるというアイデンティティーが強くなる
日本を恋しく思う気持ちでこんな災害時は最低な気持ちになる

ひでさん、素晴らしいサポート、ありがとう

徒然草 コメント:0 トラックバック:0

世界を導く

2011/03/16(Wed) 22:29
ベルギー人の友達と日本の地震の話をしていたら

日本国民は今回の件でまたしても
世界に進むべき道を示している


といってくれた

泣きそうになった

そうだ

犠牲者も多くて最悪の状態だけど

この地震を絶対無駄にはしません

徒然草 コメント:2 トラックバック:0

原発

2011/03/15(Tue) 23:42
現在までの東電の解説、わかりますか?
わたしは正直よく理解できません
その先に何があるか、それを誰一人言わない

原子力資料情報室

もしくはこちらのサイトから
後藤さんのインタビューを聞いてみてください

http://www.ourplanet-tv.org/?q=taxonomy/term/83
【3月15日】第5回 原子力資料情報室 記者会見 CNIC held a press conference

私が今まで聞いてきた説明のなかで一番わかりやすいです
そして一番恐ろしい


備えあれば憂いなし、
被曝しないよう、きちんと予防指示に従いましょう
そして今更ですができるだけヨード卵、海草類を摂取するのが効果的なようです
仕事も経済も大切だけれど体が資本です
今これは緊急で非常事態
カナダで私が学んだこと、それは自分の身は自分で守るということ
危険度の判断は自分の判断に従う方がいいのでは?とも思います

引き続き被災された皆さん、救出活動をしている方々、
そして原発で命がけで働いている方々、
どうか無事で、どうか身体を壊しませんよう、祈ってます

この事態を乗り切れますように!



徒然草 コメント:0 トラックバック:0

東日本大地震

2011/03/14(Mon) 05:20
信じがたい地震が起きてしまった
この地震で亡くなった方々、ご家族、ご友人を亡くした方々に心より哀悼の意を証します

今はただ余震がおさまり、津波も再びこないまま、原発の状態がおさまって
救助活動が進んでより多くの命が救われるよう祈るしかない

第一報が入ったときに、これはただ事じゃないと直感したけれど
それから一日中ラジオに聞き入っていたら新潟沖でも地震?!パニックに陥った

日本が崩壊していくんじゃないかという今まで感じたことのない大きな不安

津波がこんなに恐ろしいものだということに世界中が震撼した
耐震設計はあっても耐津波設計は存在しないのだろうなと思わざるを得ない
海岸沿いに住んではいけないってことなのだろうか
映像で映し出される津波で流されてしまった多くの家
家から外に出れば日々高騰していくカナダの住宅

家の価値って一体なんなんだろう
本当の生きている価値ってなんだろう

美しい三陸沖の風景は一瞬にしてなくなってしまった

原発は想像を絶してコントロールが難しいことを見せ付けられる

今、必死で現場で働いているであろう人々には本当にご苦労様ですと伝えたい
まじめな日本の人々が必死でがんばっている姿を世界中が見守っている
ほんとうにすごい、信じられないくらい回復ははやい

それでも電力も食料も不足してきてみんなが不安な日々を過ごしていることだろうと思うと
本当に心苦しい

皆さん、がんばってください

私は私でここからできることを考えています

世界中の友達から家族や友達は大丈夫かとメールが届く
みんな、ありがとう

徒然草 コメント:1 トラックバック:0

掃除機

2011/03/10(Thu) 08:57
お客さんの家で見た
ロボット掃除機ルンバ
「どうしてこれをみんなもってないか、不思議だわ~」と彼女

うちの掃除機は野蛮人が道で拾ってきてなおしたもので悪くないけど
(私が知っているだけで今まで3台の掃除機を道から拾ってなおしている)
うるさいし、重いし、コードを自分で巻かなくてはいけない
日本の掃除機を知っている私としては 

リサイクルでエコロジックかもしれないが
そしてなぜか絶対に壊れない、壊れてもなおされてしまう
北米の家電はなぜかすべて重たい

きっとガジェットだってわかっているけど
もしルンバがあって
帰ってきたら基本的に埃が落ちていないというのは
どうも魅力的

猫も遊び道具に使っているらしい
ルンバの上に乗ってねこが犬を攻撃

この間、掃除機センターにお義母さんの掃除機の部品を頼みに行った際に
MIELEの掃除機を本気で欲しいという態度をしたら
野蛮人は「うちので十分じゃん」
う~ん、絶対違うってば

炊飯器に引き続きお互い平行線


徒然草 コメント:3 トラックバック:0

OUT OF THE COUNTRY

2011/03/07(Mon) 23:57
金曜日のお楽しみ、
それはフランスの放送局TV5の
タラサ

海に関する話題が主である
毎回何かしら面白い話題で野蛮人はこの番組のとりこ

忙しかった週の終わり、おまけにアペリティフ、ワインもずいぶん進んだ夜8時に放映なので
ちょっとでも面白くないと私はすぐソファで寝てしまうのが常
特にこのナレーターの彼の顔を見た瞬間に自動的に眠気が・・・

で、先週はこんな話

独裁政権で有名だったあのマルコス大統領が造った
ミニサファリがフィリピンのCalauitという島にあるという話
ミニサファリというよりケニアから数種類の動物を連れてきてその島に放した
住んでいた住民を退去させて・・・サファリ状態なのだ
それから35年間経った現在、未だにシマウマやらキリンが生息しているけれど
元々の島民が戻って住み着いてこの動物達とうまく共生していけていないと
いうのが現実のようである
動物達は一応保護されていたけれど、もうその費用も尽きているらしい
天敵がいない分、数は増えているけれど、島民によって時々殺されていることもあるらしい

異様な光景だ
おだやかすぎて・・・
でもなんとなくバツが悪そうだ
食物のバランスも崩れていくのだろうか
動物に悪気はない
マルコスのこの計画には住民への配慮がなかったこと、
なんとなく失敗だったように思わざるを得ない

徒然草 コメント:0 トラックバック:0

砕氷船

2011/03/02(Wed) 01:09
昨日は久々の大雪
仕事で打合せを入れてしまった都合、何が何でもケベックに行かねばならない
ま、バスが出発しないのであればそれはそれで仕方ないと思いつつ家を出た
マイカーで行く予定だった人がみんなバスに変更したような感じでバスはごった返していた
ともあれ、さすがオルレアンエクスプレスバス、全然平気で安全運転である

打合せはケベックの対岸なので砕氷船に乗る
この船は大のお気に入りで毎日でも乗りたい位だ
私はセントローレンス河がすごく好き
この河は確実に海に続いていると感じさせてくれる
その大きな河が冬は凍る
がちがちの流氷もあるし柔らかい流氷もある
それがシャラシャラと小さな音を立てて
気持ち良いスピードで目の前を流れていく

15分間の瞑想

ryuhyo1.jpg

ryuhyo2.jpg

翌日も打合せでまたまた対岸へ
今日は快晴、シャトーフロントナックが切り取られた絵のようにくっきり浮かび上がる

ryuhyo3.jpg
nature コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク