FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2011 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

現代社会の理論 

2011/06/22(Wed) 21:07
朝日新聞で見つけてこの数日気になっていた本を
紀伊国屋ブックストアNY店で検索したら発見
こんな本も在庫においてあるのかと驚き

最近よく一緒に仕事してる美しいP嬢は彼がNYに住んでいて
NYに引っ越したもののモントリオールとNYをしょっちゅう往復している
彼女にお願いしたら心良く引き受けてくれたので早速注文

現代社会の理論―情報化・消費化社会の現在と未来 (岩波新書)現代社会の理論―情報化・消費化社会の現在と未来 (岩波新書)
(1996/10/21)
見田 宗介

商品詳細を見る


どうやらこの手の社会学、考現学系には毎度深い関心がある

じゃ感想文は3週間後くらいに・・・



スポンサーサイト



読書 コメント:0 トラックバック:0

必殺ごまだれ

2011/06/20(Mon) 05:28
夏らしい週末、
バルコニーで冷たいうどんでも食べようと思い
なんとなくフィーリングで作ったら

濃厚ですか、これかなりイケてます!

ごまだれ冷やしうどん

すごい思いつきで作ったのに
一口目、野蛮人は言葉を失うくらい
美味しかったらしい
山でとれたてのきのこを炒めて一緒に食べました!
写真を撮るまもなく食べてしまった

バンバンジーのタレにも、盛岡じゃじゃ麺にも似ているような・・

まずは栗原はるみさんのみそだれを作る

みそだれ 
材料:
赤みそ  75グラム
白みそ  50グラム
みりん  1/8カップ
しょうゆ 1/8~1/4カップ
(甘いのが好きならメープルシロップか砂糖をいれてもいい)

これを全部混ぜるだけ

ごまだれ(ごまみそだれ)
材料:
いりごま 大さじ8
みそだれ 大さじ4
だし   カップ2

いりごま大さじ5をすり鉢でする
みそだれを入れて温かいだしを入れてみそをとかす
残りのいりごま大さじ3を入れて冷蔵庫で冷やしておく

これだけ

あとはうどんを用意して(うちでは稲庭風うどん)
薬味(ネギ、ショウガ、みょうが、などなど)と一緒にどうぞ

gomadare.jpg

cuisine コメント:0 トラックバック:0

戦う農民

2011/06/14(Tue) 21:51
遺伝子組換えがなぜいけないのか

これを見たらよくわかる

パーシー・シュマイザーさんへのインタビュー

ほとんど遺伝子組み換え王国になりつつあるにしても
こうして戦ってくれる人がいて私たちの食品は多少守られている

植物ではないけれど
子どもがいない私自身、立場上
自然の流れにそわない「自殺種子」であると深く反省しつつ・・・

仮に私たちの地球が長続きしなくても
将来の子供たちのために
最後まで戦わなくてはいけないことはたくさんある





徒然草 コメント:0 トラックバック:0

F1

2011/06/14(Tue) 06:47
モントリオールにF1が戻ってきた

近所のお店の若い韓国人の店長は
仕入先のおじさんに
「F1があると商売も調子上がるだろう?」と聞かれて
「え、また戻ってきたの?」とすっとぼけた返事
「おれ、独身だからいっつも働いてるから」
これが彼の口癖

F1で盛り上がるのは一部で実際はみんな行くことも接点も少ない
一年の行事の一つとしてそこにあるものである
けれども、なかった年はなぜか物足りなかった

うちにはそのF1の音だけが風に乗って聞こえてくる

今週はエアカナダのストライキ
継続中ポストカナダのストライキ
そうじゃなくても遅いポストは更にスローな今週



徒然草 コメント:0 トラックバック:0

夏のブレンド茶

2011/06/08(Wed) 22:29
暑ぅございます

この土地は昨日までジャケットやらスカーフが必要だったのに
ある日突然30度とかになってしまうので
朝起きて何を着ていけばいいのか困ってしまう
それでも短い夏に文句は言えない
どんなに暑くてもみんな表情はにこやか、夏様サマである

コンビニがないこっちに「お~いお茶」もウーロン茶も爽健美茶もない
お茶といえば砂糖入りのお茶ばかり
ソーダ系か甘い飲み物か水しかない

夏の醍醐味
麦茶もなかなか手に入らない

ないものは作るしかないのがこちら流

最近お気に入りは
「ウーロン緑茶」
そう、そのまま烏龍茶と緑茶を混ぜただけ
今世紀最大の発見からははるかに遠いけれど
ありそうでないこの味
烏龍茶の濃い感じと緑茶の渋みを一緒に味わうことができる

これを冷やしておいて
自転車で帰ってきてガブガブ
ご飯と一緒にガブガブ
夜寝る前にもガブガブ
朝起きたらガブガブ

私の「ウーロン緑茶」はまさに夏の公式飲み物
一気につくれるのもまた魅力だ

日本にいるとお茶をいれることは日常であるけれどこっちだと
なんとなく一人で楚々と緑茶を飲むことも少ない
同じくらい手間がかかってもコーヒーを入れるほうが日常であるから・・・

ちなみに私のミックスは鉄観音の葉っぱをまずぬるま湯で洗ってから
(私の使っている商品はそうしないとなんとなく油みたいなのが浮くので)
沸騰したお湯を注いで
(時にパーコレーターを使うこともある)
そこにちょっとだけ緑茶を入れてあとはちょうどいい下限に味が出たら
濾してさますだけ
ぬるま湯の過程があるせいか烏龍茶のえぐ味も心なしか少ない

葉っぱの配合は
鉄観音 大さじ3 (ただしこっちは葉っぱが大きいのですき間がある大さじ3)
緑茶  小さじ1 (良いお茶はもったいないので賞味期限が切れたくらいの緑茶)
位の割合

もっと上品な味にしようと思ったら
二つを別々に作ってそれを混ぜたほうがいいかもしれない

今度はルイボス茶とギリシャのお花のお茶でもブレンドしてみるか・・・
私は野蛮な方法で毎回多少の味の違いを楽しんでいる

世界中をブレンド中

cuisine コメント:0 トラックバック:0

10万年のゴミ

2011/06/06(Mon) 23:54
実はバカンス中に朝に食べたハムかなにかが原因で
一晩お腹が痛くて
私一人せっかくのイタリアンレストランに行けず
部屋でひとりうなりながらtvを観ていた

その時に見たフランス系TV5の番組を探しているのだが
見つからない

それは原発に関する番組で
お腹が痛くて寝ている上
バカンス中に
そのことは考えたくないと思いつつ
結局それを見続けてしまった

そこには日本と同様フランスで
福島を見たあとで果たしてフランスの原発は安全なのかということを
インタビュー形式で追っていった番組だった
実際フランスには地震が起きる可能性は少ないし
津波もない
ただしそれでもジロンド川に洪水が起きることは有りうると・・・
その時は福島原発のように「想定外」のことが起きうるということも
原子力発電を信じて働いている人々が徹して絶対安全だということも
やはりもう信じられるわけもない
彼らの姿は私にはもうマッド・サイエンティストにしか映らない

フランスにもドイツにもやはり放射性廃棄物が保管されており
そこには今後10万年のゴミをどう扱っていくかという課題が
目の前にある
ドイツの施設は地下深く掘られた場所に保管されておりそのまま10万年寝かせる予定が
亀裂が入らないはずの地盤に亀裂が入って水が滲出してきたせいで
再度それを取り出さざるを得ない状況があるらしい
フランスもシャンパーニュ地方の地表に建屋を建設
そこに廃棄物を運んできてそれをコンクリートで固めて保管されている
シャンパンを作るぶどうが危機にさらされていることは間違いない

地盤が前史から動かないとされている地盤から水は滲み出してしまった
だいたい10万年かかってやっと無害になるような物質に
持ちこたえられる建物は多分有り得ない

やっぱり無理がある

たとえその先に他の代替エネルギーがなくても


徒然草 コメント:0 トラックバック:0

ジャンクメール

2011/06/04(Sat) 22:08
地震後、やたらジャンクメールが増えた
そうだとしたら残念だけれど
いろいろ募金サイトやら原発反対署名とかしていたせいかもしれない

今日はビヨンセからもメールきてたな・・・


徒然草 コメント:0 トラックバック:0

わたしたちにできること

2011/06/03(Fri) 08:44
http://www.jca.apc.org/mihama/
美浜の会のサイト

原発反対署名運動
今はこれくらいしかできない

六ヶ所村は函館からも遠くない
私は故郷を、日本をそういう被害からできるだけ守りたい
それだけだ

汚染された食品を風評被害の改善のために食べようという政府
間違っている
この瞬間にも汚染は刻々と進んでいる

信用できることだけ自分の判断で
メディアに惑わされず選ぶこと

横並びでやってきた日本に
そういう個人の力が問われている

徒然草 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク