FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2011 / 11
10≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫12

好みの変遷

2011/11/23(Wed) 23:15
好みとは年齢によって変わるものなのだろうか
それとも
時代の出来事や事件によっても変化するものなのだろうか

高校の頃、私が憧れていたNick Heyward
声と英語が素敵
そしてなんといっても彼の容姿は当時の私の超タイプだったのだ

Nick-Heyward-Blue-Hat-For-A-Bl-76576.jpg

いま見ても可愛い
でも可愛いとしか今は思えない

現在のお姿
(なぜか鼻が赤い)
article-1296045186077-0CE77A5C000005DC-885723_304x217.jpg
あ、こんな感じなら気軽に一緒にパブとか言って盛り上がれそう













その後好みの変遷を繰り返し
現在の私の鼻血ブー俳優は 
間違いなくこの彼
Gerard Butler
gerard_butler.jpg

テストストロン度ガツンとあがりました
気品と野蛮が同居したその姿
このバンバン叩いても壊れないような胸板の厚さにひれ伏してしまう
なんていっても、レオニダス王ですから・・・
でも庶民的な一面がちらほらするあたりがいい

私がここ数年きっと根本的に探しているのは
どんな天変地異がきてもなんとか生き抜けるタイプ
それが私の理想のタイプになっている
そんなことを基準に高校生が思うはずもない
やはりその生きてきた人生の出来事や事件にも左右されている
私が生きてきた歴史の中で実際に自分が関わる戦争はない
でもサリン事件があって、そして地震が起きて
世界は不況のままで
どこかにいつも不安を抱えて暮らしている
私は外国にいて別の不安も抱えてもいる
だから大きくて暖かく包み込まれるように「大丈夫だ」って自信を持って言ってくれるような
そういう頼もしい人がやっぱりいい
おまけにかっこ良かったらそれは最高でしょ?

それにしてもずいぶん違うな・・・NickとGerard

スポンサーサイト



Hommes コメント:0 トラックバック:0

One for all and all for one

2011/11/09(Wed) 23:00
お話がきてからかれこれ3年半?

デザインを担当してきたスパ(日帰り温泉施設)のプロジェクトが
来週オープン予定!

依頼主はベルギー人のカップルで
私が昔働いていたオフィスで時々顔をあわせて挨拶する程度だった私に
突然ある日
「君、日本人?、デザインの仕事してるんだね。実はあるプロジェクトがあって君に話を聞いてもらいたい」
そういう感じでスタート

彼らは20代の頃、アジアをバックパッカーで旅行していた時に
日本を自転車で周ったそうでその際に入った温泉と言う経験が素晴しくて忘れられない
まず体を洗ってから湯船に入ること
そこがリラックスの場になっていること
水(お湯だけど)で体を清めるということ
すべてが新鮮で
いつか温泉みたいな施設を自分達でつくりたい、そういう話だった

私はそんな彼らの情熱と
日本の温泉らしきものをケベックに持ってこられるのならという夢に絆されて
「やります」といってここまできた

ただしこれだけの大掛かりなプロジェクトをたった二人
それも移民である彼らが
この経済不安の最中、
銀行から融資してもらうのは本当に一苦労で
本当にアップ&ダウンで進んできた

私は商業施設の仕事が好きだ
普段はキッチンやバスルームばっかり書いて
久々の商業施設、心が躍る
しかしモントリオールの仕事と平行しているせいもあって
時間は足りないし、遠距離の移動、夜なべ作業も多かった
プランニングの山場だった頃に大震災が起きてまったく手につかなかった日々もあった

資金は建築費にどんどん持っていかれてデザイン費はかなりカット
でも乗りかかった船だし途中ではやめられない
今回初めて本当に誰の手も借りずに一人でやった気がする
夜中にどういうデザインにするか、どっちの材料にしようか、どの色にしようか、
私一人の決断にかかっていたことが不安だった

依頼主のビジョンがしっかりしていたので進めやすかったけれど
依然としてコストは厳しかった

昨日は家具を配置
壁の色もすべて終了、壁の色はかなりいい
家具の選択も満足のゆく仕上がり
私のデザインした受付のデスクも1ヶ月前に取り付けて以来、今までは現場に埋もれてよく見えなかったけれど
照明器具もやっとついてなかなかのハンサムルック

Breakeyファミリーが住んでいたヴィクトリア様式の屋敷を改装
ヴィクトリア様式 Meets 日本
デザインコンセプトはまずヴィクトリア様式の美しさを損なわずに
できるだけミニマル化してニュートラルな状態を作り出し
そこに家具を日本庭園に石を置くように配置していくこと
屋外のスパは日本の温泉をイメージに作られてある

周りの人からは
「そんな儲からない仕事をして」と言われてきたけれど
私は本当にこの仕事で多くのことを学んだ
まわりのそんな言葉につい流されて手を抜いたりしてはいけないのだ
そういう機会を得たことに本当に感謝してる

ここでは依頼主、建築家、デザイナー、現場監督、工事施工者、家具職人、庭園施工者
みんなが連携して一人一人が自分のすべき仕事をきちんといないと最終的にはいいものはできない

報酬は満足度で払ってもらうようなシステムだったら
きっと誰もがきちんと仕事をするようになるんじゃないだろうか、そんな社会であったらとふと思う

まだまだ問題はあるけど
とりあえずうまくいってほしい

jardin.jpg
recep.jpg



design コメント:4 トラックバック:0

グレープフルーツ

2011/11/02(Wed) 23:46
最近あんまり見かけない黄色いグレープフルーツ
久々に食べた~いと言ったら
野蛮が今日マーケットに行って探してくれた

が、どこにもない!

そこらのスーパーじゃなく
ジャンタロンマーケットに黄色いグレープフルーツがなかったですって・・・
ちょっと驚き
確かに旬はもう少し冬になってからだけど
働いていた若い女の子は黄色いグレープフルーツがあることすら知らない

野蛮は思わず
「20年ぐらい前は黄色しかなかったんだよ!」

と言ってみたけどぜんぜんピンときてなかったらしい


どうして?

どこにいってしまったんだい?

黄色いグレープフルーツ


cuisine コメント:2 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク