FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2012 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

日焼け

2012/06/26(Tue) 09:05
自転車で帰ってきた私を見て野蛮人が一言、

「おまえ、随分に日焼けたね」

・・・・

今年はなんだかんだ野良仕事ばっかりしてるし
虫よけを塗ると日焼け止めを塗っていないし
ここ2ヶ月自転車で出かけているし

今年もまた知らないうちにウォールナッツ材でできた
ピノキオみたいになってた

スポンサーサイト



徒然草 コメント:4 トラックバック:0

政治力

2012/06/21(Thu) 23:46
私はケベックのプロインテリアデザイナー協会に所属している
それが今年からインテリアデザイナーオブカナダとも合体して
今までよりサービスも勉強会もこころなしか増えた

この協会が発足して10年会員720人
今夜はそのお祝いをするための集まりがあったのだけれど
本当の目的は特別法77号への対応
ケベックの最近の常套句になりつつある特別法
まだ決定ではないものの
これがきまるとインテリアデザイナーの仕事の管轄に影響が出る
要は以前は建築家なしでもやっていけた規模のプロジェクトも
この法律で建築家が参加せざるを得ない確率がずっと増えることになる
建築家以外で図面を書いている人にとっては非常に不利な法律である
20代にもっと勉強して建築家のタイトルをとっておくべきだったと反省
ここでは建築家とインテリア・デザイナーの間に少なからず確執があり
インテリアデザイナーは建築家がインテリアデザイン界に入りすぎこみている割には
ディテールまではきちんと作れていないことが多いと思っていて(実際そういうのもある)
建築家は多分そんなインテリアザイナーをウザいルーザーだと思っているのであろう

協会はずっとケベック州にこの協会の存在をアピールしてきたが
それをずっと無視してきた建築家連合と近しい官僚がこの法律の裏側にいるらしい
やはりそこらへん政治力がないといけない
建築家は遠い昔から政治とかなり関わってきた存在である

建築家が一般的に躯体に関してプロであることは間違いないし
彼らが責任を負うのであるからある意味ではこの法律はすべての人を守ることにはなるであろう
ただし現場経験の多いインテリアデザイナーは学校を出たての建築家よりは
ずっといろいろなことを知っている
過去25年以上働いてきたデザイナーに対してどんなにいい設計をしても
建築家の版がなくてはいけないといって自分の図面を書き直されるとしたら
それは屈辱でしかないだろう
人生経験の少ない人にはできるものに限りがある
設計とは経験と想像力だ
十把一絡げというのはいただけない
クライアントにとってはデザイナーと建築家とダブルで支払わなければならないとしたら
それでは建築家に全てお願いしようかと思う事にもなるかもしれない

会の最後の方はそこでいったいこの法律に対して私達には何ができるであろうかという
議論だったのだがかなり熱く盛り上がっていた
前回の白々しい感じとは打って変わって・・・
これはやはり学生が反抗していることを横で見て
そこに同意できなかったらきちんと参加して反対する
これが当たり前になってきてる風潮が下地にあるように感じる

ただしこの法律も次の選挙の結果によってはそのまま廃止される可能性もある

ちなみにサイロその他農業関連の建物にはこの法律は適応しないようで
これもまた政治力のあるところから多分圧力がかかっているようである

こうなったら、オールドモントリオールのサイロでも改造して協会の事務所でも作って
マニフェストしたらいいのに・・

(使う用途が変わって不適切じゃないってすぐ却下だろうけど・・・)



design コメント:0 トラックバック:0

田島貴男

2012/06/18(Mon) 23:19
Such a poet
Such a musician

が、素敵な歌を歌った後に
「どうもありがとうございました~」ってなんかお笑い芸人みたいな調子で・・・
渋谷系とはかなりフレクシブルな存在なのだろうか

ほぼ日刊イトイ新聞でこんな特集を数年にわたっていたことを最近知って読んでみたら・・・
夜中に一人で爆笑

日刊イトイ新聞ー田島貴男のオレのニュース

ほんとにいろいろ挑戦させられているが
どれもこれもちゃんと形になってるあたりがすごい

相当な読書家であるらしいし
首都高の渋滞でトランペットの練習しているとか(是非すれ違ってみたい)
やはり彼は只者ではないことを確信

この人には気取らない「オレ」って言葉が似合う

ひとりソウルショウ

これもすごい、すばらしい

一つのことにかなり集中出来る人は
事実上努力家となり、どんどん上達するのだろう

オリジナルラブのルパンのテーマ
ルパン三世 愛のテーマ

やっぱりかっこいいじゃないか!
music コメント:0 トラックバック:0

テルマエ フランス語版

2012/06/14(Thu) 08:20
今更ながら「テルマエ・ロマエ」

随分前に幼馴染のRちゃんから聞いてはいたものの・・・

Youtubeでアニメ発見
アニメ テルマエ

続けてみようと思ったけど
2話がどうしても見つからず
字幕が英語、スペイン語とかなりバラついている
面白すぎて
野蛮に見せたら

翌日買いに行ってました

フランス語版の「テルマエ・ロマエ」

第二第三巻も予約したとか・・・
相変わらず仕事が速いぜ!

なんといってもこの
表紙が最高

thermae.jpg

映画、ファンタジア映画祭に来ないかな?



























徒然草 コメント:0 トラックバック:0

蒔いた種

2012/06/09(Sat) 22:40
ここ数年間随分エコだのリサイクル、ビオだのって
世界中どこでもこぞっていってますが
実際にはそれに反したことがまかり通っているのも確か

非常に疑問を持つ商品、それはネスプレッソ
なんで毎回不燃ごみを出してまでコーヒーを飲まなくてはいけないのだ?
美味しいらしいけど
ネスレって会社儲け主義で子供たちをカカオ農園で働かせていて
それを私たちは知らないとしらを切るような会社
私はネスレ商品はマクドナルドと同じくらいパス

原発だって地球に優しいなんていって
ここまで甚大な被害を出して
東電、一回潰してやり直して欲しい

世界中の遺伝子組換え作物GMOを世に送り続ける
モンサント社も最低

拝金主義で将来のことを考えない
企業理念の大企業で働く位なら
野宿のほうがいい

すごい皮肉なことだけれど
そういうエコ、リサイクル、地球に優しくっていわれて
そしてフェアトレード商品があふれる環境に育ったケベックの若者たちは、
地球を環境破壊から守り、格差社会からバランスある社会を目指そうとして
それが政府との衝突のもとになっている

きちんと蒔いた種がちゃんと育ったのに
大人の皆さん、

不満?


徒然草 コメント:2 トラックバック:0

どこかで見たような・・・

2012/06/05(Tue) 22:58
最近テレビでよく見かけるこの方、

なんかサムライ顔で気になっていた

charbonneau-france2.jpg
























そしてやっとわかった

彼に似ているということに・・・・

img_1801022_63435726_2.jpg


























photo コメント:0 トラックバック:0

Speaking English like an American

2012/06/01(Fri) 08:22
昨日立ち寄った図書館で中古本のセールをしていたので
ちょっと見てみたけれど競争率が激しくてまるで
バーゲン会場

かごいっぱいに本が入っているひともチラホラ
あるおじさんはかなり面白い本ばかり選んでいて
中にはアシモフ、村上春樹などなど

私も何か面白い本でも見つかればいいなと思って探したが
なかなか難しい

最後に外国語コーナーというところに立ち寄ったら
Speaking English like an American for native japanese
という日本人向けの本がある
いわゆる使える表現のイディオム本だ
とりあえず手にとって見たらCD入りで悪くなさそう

結局それだけを手にしてレジに向かう
レジのおばさん、この本を見て一言

「Are you sure that you want to speak like an American?」

一瞬えっと思ったけど次の瞬間、大爆笑!

カナダ人にとっては、アメリカ人の態度のでかさは許せないと思ってるから
アメリカ人みたいに話せるようになる=あなた、本気でああなりたい?

とりあえず二人で大爆笑してその後、
「私の日常会話にスパイスを追加しようと思いましてね」などといったら
彼女も
「あら、これ日本語なのね。なるほどなるほど。でもアメリカ人みたいになっちゃだめよ」

はい、気をつけます

language コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク