FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2012 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

ケベック行き

2012/10/29(Mon) 23:12
前のボスから連絡があって
12月半ばまで月曜火曜、働きに来ないかと・・・

行くか、ケベック!




スポンサーサイト



on the road コメント:2 トラックバック:0

最近のヒット

2012/10/29(Mon) 16:26
最近おいしいもの、それはビーツ
うちでは蒸してから(45分くらいはかかる)
皮をむき
1センチくらいのスライスして
バターで焼いて塩コショウ
野蛮はここにちょっとだけマヨネーズをつけて食べている
ちょっと手間はかかるけど
一口、口にすると
「あ、忘れてたこの味!」
ポタージュにしてもサラダにしてもおいしい

そしてもうひとつわたしが凝っているのは
水出しジャスミン茶
ジャスミン茶を大匙1/2杯くらいに
水1リットル
これをMasonジャーにいれて
横倒しにして一晩
ジャスミン茶は冷たいほうが絶対おいしい気がする

それからはちみつに凝っている
巣蜜も野蛮ながら食べている(初めて挑戦した)
おいしかったのは「そばの蜂蜜」
甘さが控えめで色が濃い
いろいろミックスで毎日食べていたらなんとなく疲れが少ない気が・・・


cuisine コメント:0 トラックバック:0

Boffi スタジオ モントリオール

2012/10/28(Sun) 00:26
boffi1.jpg

boffi 2

boffi 3

boffi 4

boffi 6

boffi 5

IMG_8867.jpg

IMG_8859.jpg

スタイリングを担当したBoffiショールーム
ボスの奥さんと二人、アンティークショップをめぐって値切ったり(苦笑)
うちの野蛮が道で拾ってきたもの、彼が子供のころ使っていたローラースケートやかんじきも使い
アンティークを探す楽しみを実感(野蛮がかなりアンティーク発掘が得意であることが判明)
ボスの奥さんはインタラクティブなお買い物、電話で店から写真が送られてきて
「これ、どう?」「どっちがいいと思う?」
こっちは「Oui」か「Non」でとっさに答えて買い物は進む
どこに何をどう置くかそしてどんな花を置けばいいかは感覚的にわかる
もちろんコンセプトは事前に自分なりに決めたけれど
ものを置くバランスというのは同じものでも
方向を変えたり置き方を変えて数ミリ、数度の角度で随分かわるものである
川瀬敏郎氏のファンでいつも彼の本を食い入るように読んだいたのも手伝って
このBoffiのコンセプトがすごく共感できたのだと思う
アンティックと新品のイタリアンプロダクトは微妙なバランスをもって草花につながれて非常に際立つ
イタリアから駆けつけたマーケティング担当の方が
モントリオールの町を散策中に集めてきたフリーペーパーなんかを
電気用テープで貼り付けたりしてその瞬間に突然グラムな感じに変身
その崩し方が最高、さすが!!

Boffiの商品は美しく機能的
イタリアのクラフトマンシップには日本のものづくりに共通する何かがある
Boffiは非常に革新的な会社そしてインターナショナル

是非モントリオールにお住まいの方は一度訪れてみてください

8510 rue Jeanne Mance
(514) 388-3456
www.boffistudiomontreal.com
design コメント:0 トラックバック:0

オープニング

2012/10/24(Wed) 06:19
この数週間、お休み激減
というのは私の職場のボスが
新しいショールームをオープンするにあたっての準備で
その手伝い兼スタイリングを一部担当することになったため
春にミラノに行って本家のショールームを見ているので私が選ばれた
ただし私の仕事はあくまで今まで通りで、
ボスはこのオープニングで忙しくて殆ど職場にこなくなったので
私は仕事が2倍になった

さてその新しくやってくるのは世界的に有名で
レベルとしては「フェラーリ」?
「プラダ」的?
つまり高級レベル

天井が高くスペースがゆったりしていることで商品がより際立つ

新しい商品はいつも革新的でここが新作を発表すると
商品はたいていその後コピーされる

小物、花などアートディレクションまで関わって
私自身結構楽しんで仕事させてもらった
もう一つの方の仕事はかなり滞っているけど・・・

今夜がオープニング

モントリオールの人の反応が楽しみ

徒然草 コメント:4 トラックバック:0

4年

2012/10/14(Sun) 23:54
今年もこの日がやってきた
父の死から4年

今年は父の作ったアルバムを持っている人にここモントリオールで出会った
父が作っていた高校のアルバム
大切にしてる人がいたことに感動

父と一緒にいると誰かに会って立ち話
子供心に「またはじまった」と思っていた
函館が好き、人が好きな人だったんだと
つくづく思う

今夜は遺影にウォッカ

来年は日本に行きます

aki.gif
徒然草 コメント:6 トラックバック:0

挑戦

2012/10/12(Fri) 00:22
タンゴを再度始めた

バレエはパートナーなしでできて非常に気楽だが
タンゴとなるとパートナーが必要

今にして思えば真剣に元ボスのSと一緒にやっていればよかったと思うが
ケベックではタンゴの先生も限られていていろいろ制約があってできなかった
二人で彼の家で夜中にサルサを踊って盛り上がっていた
ま、彼とはサルサの方がいいのかもしれない
野蛮とは踊ってみたいけど彼の就寝時間が早いのでちょっと無理

今はやはり女性パートナーなしで来ている男性と踊っているけど難しい
(できればゲイの相手が欲しい!)
アルゼンチンでタンゴを始めてしまった私はやっかいだと思う
アルゼンチンではさすがに初心者でもタンゴ音感が悪い人にはめったに出会わなかった
ここれはタンゴ音感がいけている人はめったにいないと最初のころ思った
もちろん音楽を楽しんで踊っている初心者にも会った
が、タンゴも回を重ねていくと最初音感がゼロに等しかった人も
新しいステップを覚えるたびにどんどん成長していく
男性はリードする立場なので難しいが
頭がいい人は覚えも早いし忘れないのでめきめき上達していくので
音感問題も途中から随分よくなる
逆に音感がよくても覚えが悪い人はある程度までは上達するが
その後伸び悩んでいる姿を見かける
女性はリードがよければとすぐに踊れるようになる気がするが
細かいディテールを追いだせばかなり難しくなる
きちんと相手のリードを理解して
もっとポスチャーがきちんとして
足の置き方もきれいにできるようになって
いろいろなステップ、小技ができるようになりたい
タンゴへの道は長い

それぞれに
それぞれのスタイル

情熱的なイメージとは対照的に
タンゴを非常に瞑想的アクティビティとしてうけとめている

タンゴ音楽(そして演奏家、タイトルなど)をもっと知るために毎日一曲ずつ
「覚えておくべきタンゴ」という課題を作って真剣に聞き始めた

またタンゴのツボにはまってしまったようで・・・

徒然草 コメント:0 トラックバック:0

大間原発とGentilly2

2012/10/01(Mon) 11:28
建設工事再開?
信じられない

この今なにも解決していない状態で
まだ作る気?

大間は函館の対岸だ

青森のプロジェクトだとしても
対岸の函館のいか、昆布、ほたてすべてに影響が出て
観光産業でなんとかなりたっているのも
何かが起きたら多分おしまい
起きなくても汚染されていくことは間違いなし

雇用を増やすためとか
働き口がなくなるとかそういうことを世間はいうけど
それは一時的問題だ

この時代一つの仕事だけでずっとやっていける確率は少ないのだから
二つぐらいの職業につける位のスキルを身につけ、
もっとフレクシブルに対応できる人を養成していくこと、そっちのほうが
大切じゃないか?

ケベックではこの間の学生運動がどう集結したかというと
結果的にこの学生運動のきっかけである学費値上げを推奨して北部資源開発を進めていた
保守党は敗れて現役首相が自分の選挙区で選ばれなかったという
ものすごい結果になった
野党であったケベック党が優れているというわけではないが
ケベック住民が現役首相を引き摺り下ろしたことは間違いない
そして新しい政府は
Gentilly2原発を廃止、シェールガスも凍結、学生の値上げもとりあえず凍結そして問題の法律78号も廃止
ちょっとすご過ぎてみんなちょっとひいている
収入が多い人からの税金を増やすということ意外は今後の資金の調達はいまいち不明であるが・・・
この政権がうまくいくとはみんな思っていないのだけれど
初の女性首相、英語は苦手らしいが(英語系のケベック人を統率できない?)
すごい行動力だ
この選挙の後ケベックの民主主義はそれなりに健康だと思った
経済成長推進だけの社会に育ちながらも
自然保護や教育について考えられる土壌が少なくともここにはいる

この2012年、
もともと水力発電で電気が余っていて
まったく必要がなかったケベックの原発は閉鎖の方向へ
ドイツと同じタイプの原発で汚染具合はかなりひどいらしい
カナダの許容汚染量がカリフォルニアの300倍以上!
カナダという国は時々あまりにのんびりしすぎているのか土地が大きすぎるのか・・・
それに加えて福島の原発がどれほど世界中の人を震撼させ、
世界中のエネルギー政策に影響を与えたのか
誰もあのような事故に対応したくないのが本当のこと

一方あの原発事故を起こした日本でいまだに新たに建設を進めようとしている
復興のスピードで世界を驚かしていたのに原発再開ニュースとなると
昨日行ったワールドフォトエクスプレス展で多くの津波、そして福島第一の被害の写真が展示されていて
みんな食い入るように内容を読み、写真を細部まで眺めていた
そんな人たちにこのニュースは恥ずかしすぎて伝えられない

科学で地震をコントロールできるようになるまで
原発の「げ」の字も日本は発してはいけないんじゃないだろうか?

沖縄にはオスプレイが到着
中国と韓国とは領土問題
日本、大丈夫?

徒然草 コメント:4 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク