FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2013 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

Big wave

2013/06/27(Thu) 00:34
タバコを止めてもうかなりになる
今ではどうして長年吸っていたのかまったくわからないくらい
15年くらいかなりの喫煙者であった

火をつける
たばこの煙がのぼる
そしてぼんやり物事を思う時間
吸う事自体より一連の流れを追って
休憩モードもしくは思考モードに入ることを大事に思っていた
煙を眺めるのが好きで吸っている人も多分多いはず

やめた理由はもうおいしいとも面白いとも感じられなかったこと
後味が悪いこと健康に害があることタバコの金額が高いことなどなど・・・

そして野蛮人Jrが喘息気味だったこと
ある晩、バルコニーでふたりで煙っていた
野蛮人は葉巻を吸っていた
私はタバコを吸っていた

そこにJrがやってきて
「家で吸わないの?」
「いや、それはしないさ、喘息に悪いからね」
「じゃ止めたら?体に悪いんだよ」
「そうだな、止めるか」

なんだかそんな感じ
野蛮もそれを機に大好きだったキューバの葉巻を禁煙宣言すらせず
わりとさらりと止めた

フラストレーション、怒りや不満のはけ口でもあった私のたばこ依存
でもすでに幸せだったしカナダのフランス語生活もそれなりに安定していたことも大きい

今までは誰になんと言われても止めようと思わなかったし
止めるのが難しいと喫煙仲間同士ではいつもいっていたけれど
いざこういう「チャンス」が来るとぱったり止められるものである

それはなにかBig Waveが来た感じに似ている
全然サーフィンしないけれど
この波に乗ればかなり遠くにいける、そんな予感だけがした
ふとタバコが吸いたくなった瞬間にも
いやいやまだまだ遠くまで行きたい
そうイメージすることでガムやらパッチやら飴や過食にも頼らず
3ヵ月後には体も心も禁煙できたなとすっかり感じられた

気分はこんな感じで・・・


このサーフィン気分で禁煙を乗り越えた私にいえること

きっかけとイメージは大事

そして止めたらいいことだけが待っている
スポンサーサイト



徒然草 コメント:4 トラックバック:0

BBQ大学

2013/06/26(Wed) 13:53
我が家はSteven Raichlenさんのファンである
個人的には友だちのGさんに似ているので勝手に親しみを感じている

今までかなり試したけれど90%くらいの確率でかなり美味しい
レシピはBBQというワイルドなイメージを上回り思いのほか洗練されたもの

それもそのはず
この方、インテリで本来フランス文学の勉強をしていて
コルドンブルーでも料理を勉強したらしい

本もただのレシピ本ではなく
BBQという切り口で比較文化的な観点でも書かれているので
各国にまつわるエピソードや歴史が盛り込まれていて非常に面白い
世界中を旅してこんな本を書いているのか!
要するにオタクを極めれば好きなことを生業にできる可能性が高いのだと思う

こういう「世界中を自由に廻れる人生」に憧れていたのだけれど
今やすっかり定着中の私
どこかで遅かれ早かれ一度腰をすえてがんばる時期も人生必要なのだと思う
ま、それでも自分の仕事は結構好きなんだとわかってきた今日この頃である

彼のBBQ大学、講義を受けてみたい!

Steven_Raichlen_HP.jpg

後ろのサボテンと夕焼けがキッチュ(でも許す)


cuisine コメント:0 トラックバック:0

シルクロードな街角

2013/06/11(Tue) 09:39
私の友人の彼はスパイシーなものが食べれない
だから友人は一人でモントリオールに遊びに来た際に何が食べたい?と聞くと
「いやぁインド料理が食べたい!」
(私なんか辛いものが食べれない人とは一緒に絶対暮らせないであろう)

じゃ、本格的なのをテイクアウトして食べようということになり
本命の一軒に行くと
「昨日かなり繁盛して今日はまだシェフが来ていない」という
二軒目は一か八かでネットレビューで選んでみた
ちょっと不思議な界隈でいつも気になっていたところにあるのも魅力だった

モントリオールのパークエクステンションというエリアでJarry通り上

思いのほかアタリ!
安くて美味しい
ここは英語しか通じない
バターチキンの辛さが絶妙でほうれんそうのSaagがまたいい
でもレストランはかなりぱっとしない内装なのでお持ち帰りがベストかな?

そのオーダーを待つ間この界隈を歩いてみると
インディアンスーパーがあっちにもこっちにも!
おまけにギリシャ人地区もちょっと混じっていて
カレーにジーロスにいい匂いが充満している

私たちはストリートフードオタク
それで週末は野蛮をつれていってみた
うちの彼はやっぱりハマッてた!
なんせ乾燥スパイスが安い!コリアンダーなんかスーパーの10分の一くらい?
フレッシュターメリックやらいろんなものを購入して街を徘徊

そうするとあるものすごい騒音(屋根の上のVentillation)のレストランに遭遇(見た目は家?)
「あ、これ俺来た事ある、ずいぶん昔に!!イカフライ食べたことある!確かインテリアに剥製が飾ってあるんだよ」
といって中を覗くと確かに剥製が飾ってある!
これはかなり長生きしているレストラン
Marven's
次回はここに連れてきてもらえるらしい
今回?そりゃもちろんギリシャ的スナックバーでPita Gyros

数々の戦利品を手に
野蛮はBBQを掃除して
晩御飯は買ってきた手羽先のマリネを焼き(辛いでもうまい)
私は青パパイアのサラダに着手
バスマティライスを炊く

spices.jpg

昨日テレビTV5で聞いて驚いたのは
レモンはヒマラヤ(中国南部インド)あたりからきているらしいとのこと
地中海の植物だと思っていた
これもシルクロードのおかげ?

それを思えば奇妙な組み合わせだと思っていたこの界隈(インドパキスタンスリランカギリシャ)に
突然整然たる秩序が生まれて一体化して見える
あ、わたしだけ?え、無理やり?

天気が不安定な週末はこんな過ごし方もよろしいかと・・・
montreal コメント:0 トラックバック:0

ショウウィンドウ

2013/06/10(Mon) 07:46
肉屋さんの前にあるこの牛

ushi.jpg

以前ショーウィンドウの仕事を担当していたことがある
東京砂漠では
ひねりのきいたのを考えろと言われていた

こういう

こういう
直接的なのは

考えなかった~

通りがかりの子供が
一緒に写真を撮ってもらってる

このディスプレイ
「悪くない」

と今日の私は思う

montreal コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク