FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2013 / 11
10≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫12

外食

2013/11/21(Thu) 23:02
数週間外食して歩いていた
普段はほとんど外食しない私

朝はまずおにぎり専門店みたいなところでおにぎりを食べ
豆腐屋で豆腐を買いひじきの煮込みなどと一緒に食べたり
時にはサンドウィッチを食べ
昼は大抵抜きで
午後にストリートフード(これはコロッケだったりやきそばだったり時と場所によって変化)をつまんで
夜はついついお酒や焼酎に合うからと
居酒屋というか落ち着いた飲み屋みたいなところで
ご飯を食べていた

日本にいて食べたいものを食べていると
ぜったい野菜不足になってしまう

例えば

アナゴまたはうなぎ
漬物がついてくるかこないか程度

とんかつ
ここにはキャベツがたっぷり

やきとり
野菜なし、ねぎちょっとだけ?

焼き魚
大根おろし

寿司を食べる
野菜なし

うどん
ねぎとしょうが

広島お好み焼き
これはキャベツとねぎがたっぷり

こんな調子なので途中きゅうりやトマトを買って食べたり
ところどころ果物で補給していたが
最後の方になると野菜不足を体にひしひし感じる
実はうちの粗食、結構野菜を補給しているんだと実感

東京で行ったワイン中心のレストランで出てきた野菜たっぷりサラダが
実際とても美味しかったのだがそれもやたらと美味しく感じた
次回はもっとこういうお店や中華で野菜炒めとか追加しよう

帰ってきて食べたケールのサラダやゆでいんげんなんかが
おいしいのなんのって・・・

やはり家で食べるごはんが一番!

スポンサーサイト



徒然草 コメント:2 トラックバック:0

うどんワンダーランド

2013/11/19(Tue) 00:24
前回かの地に来た時は
イサムノグチ庭園美術館をみるという
アカデミックな目的があった

が今回は
「うどんでも食べに行くか」理由はそれだけ

JRパスというのは本当にすばらしい
どこでも行ける
ただし山側方面に行こうと思うとけっこうローカル線がなかったりする

雨の中、岡山市内はとりあえずまわったので
では倉敷へと繰出したが、数時間で終わる

「ん~、じゃ次は瀬戸大橋を渡ってうどんと温泉ですかね?」
などどかなりの大胆案を出したところあっさり採用された

岡山という駅はなかなか便利
瀬戸内海を行ったりきたりできる優れた立地

早速電車に乗ったものの香川のガイドもなければインターネットもない私達
勘で高松までいかず坂出で乗り換えて丸亀方面へいこうということにした
丸亀なら「猪熊源一郎美術館」もある(アカデミックへのこだわり)
うどんだっておいしいにきまっている

そこで坂出から乗り換えた電車は琴平行き
私たちの地図は英語表記なので確認のために誰かに聞こうと思ってとなりの
若い青年をみるとラップトップにうどん県に関することを書いているようだ
これは間違いないと思い
私「あの、この電車この琴平行きですよね?」と訊くと
彼「そうですよ、ご旅行ですか?ぜひ香川楽しんで行ってください」
好青年である

私「いやとくにあてはなくてただうどんでも食べようかなと思って岡山から渡って来ました」
彼「あ~!実は僕も今からうどん食べに行くんですよ!世界一美味しい釜揚げうどんってうわさの店に・・・
僕、高松で学生しているんですけど今日はそのためだけに出かけてきたんです」

なぬ~!世界一!

私たち「それご一緒してもいいですか?」

というわけでご一緒させていただいた
それは確かにマイナーな駅にあった
土讃線の金蔵寺

うどん屋さんは
長田in香の香

http://tabelog.com/kagawa/A3703/A370302/37000015/
udon.jpg

ぜったい二人だった来れないような場所にある
ここには天ぷらもなくて
正統派うどんのみ
うどんは釜揚げなのでとろとろ
でもこしがある
私はどちらかというと固めが好きなので冷やしでもよかったかもしれない
出汁が最高
それを大きな壺のような容器に入れて持ってきてくれる
熱々でこれだけすすってお酒も飲めるという人もいるらしい
関西とも関東とも違う
一品だけで人を感動させらるなんて
四国のうどんってすばらしい

そしてその後は金毘羅さんにも行ったらいかがですかという青年のお勧めにしたがい
金毘羅宮登頂
この彼には瀬戸内海が今ホットだとかお遍路さんの経済効果などいろいろ面白い情報を教えて頂いた
改めて御礼を述べたい

konpira2.jpg

konpira.jpg

夕日のなか登ったので上についたらあっという間に暗くなってしまったが
夕暮れの金毘羅さんは壮麗で美しい
香川には日本昔話に出てくるようなにょきっとした小山が多いように思う

konpira3.jpg

なんていうか瀬戸内海地方はぎすぎすしてなくてそれにほっとした
ここにたどり着く前に京都でぎすぎすした感じの対応が多かったので
そののんびり感がありがたい

やっぱり香川県行ってよかった~!

後日談:
金毘羅さん、最後まで登ったと思っていたら
なんとその後さらに上まで登る奥社まで登っていないという事に気がつく
暗くなってきていたのでその奥社への道を見過ごしていた
また行かなくては、うどんランド
次回は中野うどん学校でうどん打ちかな?

うどん県はなかなかのマーケティング上手であった
on the road コメント:0 トラックバック:0

突然マスコット論

2013/11/11(Mon) 22:42
いや~いるいる

日本はマスコットだらけ

JRにはSUICAのペンギンがいて
Docomoにはきのこのキャラクターがいて
各都道府県のローカル代表にゆるキャラがいて
どれもこれもゆるい佇まいをかもし出していている

どこを振り向いても
マスコットだらけの世界はちょっと異常だ

海外には多少はキャラクターでマーケティングを促すところはあるが
こう多くはない
文化が徹底的に違うと感じる瞬間

日本のかわいい文化からきているのかと最初は思っていた
ゆるいゆるいってゆるすぎて大丈夫なんだろうか?
TVからはそんなゆるキャラの高い声がしょっちゅう聞こえてくる
これは生協の10倍ポイントソングくらいずっときいてるのが辛い
が、ゆるキャラはかなりの仕事人で多くの人から愛されている
そういう私も滞在中いろいろ見ていたら物によってはいいかもなどと思えてきた

でも野蛮人JRと論議を交わした結果の私たちの推論

「日本の神話の動物からはじまり、時として妖怪そしてウルトラマンなどの怪獣へと
時代を超え形を変えポケモンへ発展して現在のマスコット、ゆるキャラに至る、
常に日常に近い神の化身の姿なのではないか」

自分で言ってて噴出しそうになった
すごい仮説だな
でも一理あるかも

大事なことはマスコットに言わせてしまおう
それが一番害が少ない
個人ではないし政治家ではないし所詮マスコットなんだから・・・

日本の文化は大きな幅がある
禅庭を崇める姿とパチンコ屋の騒音の間の陰影は限りなく大きい
神々しい神社仏閣にたどり着く途中の参堂のお土産屋さんはひどく下界の匂いがする
外国人はそんな日本にひどく当惑する

でもさ
私たちの意見が正しいとしたら
日本が元気でいられるのは神の分身的化身に守られてるからかもしれない
徒然草 コメント:0 トラックバック:0

焼杉

2013/11/05(Tue) 21:18
今回予想外で数日滞在した岡山
そこでよく見かけたこの仕上げ
焼杉板の外壁

北海道では見たことない
京都でもあまりないと思う
でも京都でなぜかおじさんがバーナーで焼いているのを目撃した時から
気になっていた

美しいと思って思わず
触ったら炭化していてやはり指が黒くなった

焼くことによって耐火時間を長くしてかつ耐久性を高めるという効果があるらしい
意味がある作業が加わった場合素材のデザイン価値が一気に上がるように思う

yakisugi c1

yakisugi c2



まだまだ知らないことがいっぱいの日本
奥深い

この色と白い壁で外装はけっこうマニッシュな岡山の風景
これに備前焼が加わるとさらに男っぽい
岡山城も烏城と呼ばれていて黒かった

私が日本滞在中にお世話になった黒といえばこれ
期待を裏切らない
黒豆せんべい
KUROMAME SENBEI

これとままかりをつまみに酒を飲み
翌日突然思いつきで香川にうどんを食べに行った話につづく

design コメント:5 トラックバック:0

Pros and Cons

2013/11/04(Mon) 03:30
帰ってきた

書きたいことは沢山あるけど頭がぼんやりしているので
思いついたことから・・・

久々に行くとこちらとの違いを感じる
ということで勝手に意見

1.ビニール袋
日本ではビニール袋がいまだに乱用されていた
こちらではスーパーでは有料となったビニール袋
ガムとかすぐにかばんにいれるものでさえビニールにはいって出てくる
「袋はいいです」っていう前にすでに商品はビニールに入っている
久々にみたのはブティックの紙袋の上にかけたビニール
傘をさしてどこぞのビルに入ればそこれはまた傘袋のビニール
確かにこれでお店は水滴なしで保たれるけど
毎回毎回ってどうなんだろう?
ちなみに傘水切り機があって結構水はきれる
これで解決じゃないかな?
日本のリサイクルシステムは多分進んでいるのであろうが
ビニールだの包装紙だの、まだまだ無駄が多いと感じた
これはCons

2.ビニール傘
「私置き忘れられたんです」って佇まいで街のいたるところにある
これは晴れの日は待ちのいたるところに点在してるが
雨の日になるとあっという間に消えてなくなり
「私拾われたんです」となるようだ
多分それの繰り返し、都会の不思議な傘事情
共有感が面白い
どっちかっていうとPros

3.ソーラーパネル
これをつけている家が一気に増えたように思える
ハウスメーカー勤務の友人いわく設置費用はかなり高価ではあるが
これでかなり電気代をまかなえてさらに売電できるのだという
Pros

4.トイレ関連
実家のウォームレットが壊れたらしく
うちからついにハイテク便座がなくなっていた
それと電気代節約とかで使わない人が増えているのかな?
便座に張りつけてひやり感をなくした商品があって驚き
音姫って無駄な商品だと思っていたがこれは随分減っていた
それからジェットで手を乾かす機械も減っていた気がする
電気代節約、いたるところに違いか?
ウォシュレットやウォームレットが日本にいるときしか使えない私としては寂しいが
Pros

5.マイハシ減少?
ちょっと昔はマイハシは普通だったように思えるが
今回行ったらだれもマイハシしてなかった
うちは野蛮が「割り箸の食感が気持ち悪い」という人なので
マイハシでエコロジーのためにしているわけではない
実際フォークとナイフだってカットや素材がよければ
味がずっと美味しく感じるものである
間伐材で作るから割り箸使った方がいいって考えもあるようだが
間伐材で割り箸しかできないんだろうか?
割り箸の質に関してもあれ以上もっと改良できないんだろうか?
そこに大きく疑問
というわけでCons
on the road コメント:2 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク