FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2014 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫04

オーロラ

2014/03/25(Tue) 22:13
オーロラをみたことありますか?

私は一度だけ
ケベック市内でみたことがある
ほんの数秒間だけ

酔っ払った冬の帰りの道で
坂の上からダウンタウンへ下がる階段で
空が緑になるのを見た
そして旗でもふるみたいに
グラグラっとその緑の帯がゆれて
そして消えた

夢かとも思った
でも私たちがその瞬間に立ち会っていないだけで
こういうことは多分時々起っているのであろう

もう一度みたい、できればこんな風にキャンプの空で・・・

36078.jpg
スポンサーサイト



徒然草 コメント:0 トラックバック:0

ぬか漬け

2014/03/24(Mon) 22:02
うちの実家ではぬか漬けというものが食卓に出てきたことは皆無だと思う
どういうものなのか
くわしくは私自身わからない
でも友人に時々もらって食べていて
時々盗み見ている連続ドラマのごちそうさんで出てくるたびに食欲を誘い
見よう見まねで挑戦

ぬか床を準備して1週間
なんとなくそれっぽいテクスチャーに・・・
じゃいっちょきゅうりでも入れてみるか!

ぬか

にんじんもいれたりして・・・

DSC_1894.jpg

これとまつのはこんぶがあれば私的に和食の完成

最初は24時間くらい漬けておいてよかったけれど
最近は12時間くらいでもう漬かっている気がする

毎日まぜないといけないからなんとなく愛着もわいてきた
もっと唐辛子いれちゃおうかな

寒いところがいいっていうから
うちの寝室のすみっこに置いてあるんだけど
だんだん本当にぬかみそ臭さもでてきて
今後どこに保存するか真剣に考えないと・・・
すっかりぬかみそ臭い女になっちまった

ちなみにうちのぬか床はまだ喋らない




cuisine コメント:2 トラックバック:0

ケベックのママ

2014/03/17(Mon) 20:22
12年前ケベックで働き出したころ
私のボスSと付き合っていたJ
もちろん彼らはゲイ

毎日17時までは仕事してその後はおきまりのように彼らの家に入り浸って
ご飯を作って食べて解散は午前様
フランス語もままならないのに彼らのジョークに翻弄されながら
だんだんどっぷりケベック文化に浸っていく
17時までは仕事だから一生懸命聞いているけど
それ以降はどうにでもなれ
ただお酒の勢いで下手なフランス語でも饒舌っぽくなれる
そんな中で生まれたジョークは私はコンテナに入れられて日本から送られてきたというもので
その受取人がSとJ
だから私の父がSで母がJなのだ

そんなケベックのママは前にも書いたことがあるけどスタイリスト
Sとは別れてしまった
Jとは今は一年に一度会えるか会えないか・・・
ここ数年一気に有名になってTVなどでも見かけるようになった
ここにくるまであらゆるスタイリストの仕事をしていた
TVの仕事やCMの仕事、アイロンかけたり手伝いに行ったこともある
一緒にある家全体のカラリングをしたこともある
彼のファッションに対する美意識はかなり真剣だったし
現在の彼がここまできたのは当然といえば当然かもしれない
彼と一緒に買い物に行くと、はい、これこれこれ、って選んでくれる
またちょっとでも変なものを着ていたり髪型がまずいとテコ入れ
私の仕事条件を一生懸命改善してくれたのも彼

ま、やっぱりママなのだ

そんな彼をちょっとした雑誌で見つける
電話番号が書いてある
テキストしてみるか
「ちょっと相変わらずかっこいいじゃん!」
「ありがとう、でもだれ?」
「あなたの娘です」
「キャー久しぶり、一緒にご飯食べに行こうよ」

ママね、実はすごいかっこいいのだ

DSC_1905.jpg

いつも応援してるよ!

徒然草 コメント:0 トラックバック:0

Fancy poultry

2014/03/17(Mon) 12:59
このアルバム「Solitude standing」を何度聴いたことだろう
どの街にもあるあたりまえの孤独が淡々と語られる
時々無性に聴きたくなる

昨日はなぜかこの曲でひっかかった
どうやらこの街の看板を読んでいるらしいのだが・・・
看板を読むことだけですべてを語るこの視点

私も一緒に呪文のように繰り返す

"Fancy poulty parts sold here.
Breasts and thighs and hearts.
Backs are cheap and wings are nearly free.Nearly free"



music コメント:0 トラックバック:0

Argile du frêne 木の被害

2014/03/11(Tue) 22:20
モントリオール市内のFrêneの木、(英語だとAsh?)
45000本の木が虫の被害にさらされているらしい

2002年に北米で初めて発見されたアジアから入ってきた
Argile du frêneという虫のせいである
健康な木をじわじわと食い尽くしているよう
ついに市の街路樹が切られ始めた
ある日オレンジでしるしがつけられているなと思ったら
うちの家の前のこの木も2本も切られていた
私たちの寝室から見える秋の黄色の葉っぱが印象的だった
かなり深刻
木は動かないから逃げられない

以前Orme(Elm)の木がオランダから入ってきた病気で
かなりの数のモントリオールのOrmeの木がなくなったことがあるという

いろいろな国からいろいろな商品が船やらで入ってきて
こういう病気や虫も一緒に上陸してしまうのはやむをえない
たぶん建築資材などに紛れ込んできたのだろう
虫だって来たくて来たわけじゃないだろう

毎回アジアの虫が原因というニュースを聞くと私もこっそりドキッとしてしまう
アジアから来ているのは虫だけじゃないのよね・・・

せっかく春らしくなったのに
元気だった木が死んでいくのをただ見ているのはなんとも悲しいもの

こうなってくると街路樹が一種類の木でできた道はこういう事態になると
何十年クラスの木が一気になくなってしまうことになる
一種類だと統一感があってきれいだけれど
街路樹はいろいろな木を混ぜて植えたほうがいいということになる

街にはいろんな人種
街路樹もいろんな木
これがこれからのモントリオール式街路樹なのかも

images_20140312120138091.jpg

montreal コメント:4 トラックバック:0

プリン

2014/03/03(Mon) 08:12
DANCHUの日本一のレシピにはまっている
その中でも一番作っているのがこれ

DSC_1708.jpg

あんまり牛乳を飲まないのにうちの輩は牛乳2リットルサイズを買ってくる
1本買うと残ってしまう傾向がある
そしてあっという間にヨーグルトみたいになって捨ててしまうことも
せっかくなら美味しく使いたいということでこのレシピで解決

土鍋で作るという作り方の新しさも手伝ってついつい・・・
DSC_1707.jpg

カラメルも失敗なしで作れるようになったし
モロゾフのプリンとまではいかないけれど
かなり満足度が高い出来

カラメルの代わりに時々メープルシロップでメープルプリンも作るけど
私はやっぱりカラメル派

pudding.jpg
cuisine コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク