FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2014 / 05
04≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫06

Bluetooth

2014/05/30(Fri) 09:52
これキューバで教えてもらったんだけど
友達に電話で撮った映像やビデオを送るときに
電話でもなく
Wifiでもなく
Bluetoothを使うのだ

Wifi環境がみつからない
もしくは送れる容量が限られたネット環境の場合
このBluetoothを使うのである

お互いの電話にBluetooth機能がついていれば
近くにいれば電話同士を認識し合うことができる
そして相手の電話とつながって
その送られるデータをAcceptすればいい

Bluetoothってよくわからなかったけど
要は近距離無線
近くの機種とコネクトすることができるから
ハンズフリーフォンとかに使われていたわけか
ちょっとだけわかった気がする

カナダはWifi環境がいいから甘えていたが
こういう方法があることを考えもしなかった

キューバに座布団1枚!



スポンサーサイト



徒然草 コメント:0 トラックバック:0

Santiago de Cuba 2

2014/05/28(Wed) 22:37
ホテルに着いたのはもう夜だったので
ラム酒を飲んでとっとと寝て起きたらそこにあるのは

santiago 7

リゾート地なんかでゴロゴロするのは旅じゃないと思っていたのに
この気温
この湿度
そしてこの海
だれがうれしくないだろう?

まずはビーチを探検
歩けるところまで歩いていってみる
途中Marioという青年が近づいてきて
「うちは山に暮らしていて両親も暮らしが楽ではないので
旅の最後にシャンプーやTシャツとか使わないものをくれたら
お礼に自家製の蜂蜜やコーヒーを持ってきます」という
「いいよ、金曜日に帰るからその朝でもいいかな?」というと
「ありがとう、じゃ金曜日の何時?」
「それはまた決めよう」
という感じ

カニが穴から出てきては入る砂浜
ここの砂はそんなに白くはないけれどきれいだ
ビーチの往復は大体1時間
途中熱くなって海に飛び込んだ

santiago 9

この地方は山に囲まれている
毎朝左を向けば山、右を向けば海
木の種類こそ違えどまるで日本にいるような気分

マンゴーの木からたわわに下がるマンゴーの実
落ちてちょっと痛んだマンゴ、これは豚の食料にするらしい
豚もおいしくなるよね

santiago 14

お気に入りのこの子、興味津々
santiago 13

キューバの食料はあまり改良されていないのだと思う
パイナップルも白っぽいし
マンゴーだってちょっと食感ががさがさしている
肉類も野性っぽい味がする
バナナはまだ青いままだったので一度も食卓に上ることはなかった

道路はヤギだらけ
牛も豚も通るけど圧倒的にヤギが多い
そこをクラクションを鳴らしてヤギを避けながら進む
ホテルにもヤギがいて彼らが芝生を刈る

santiago 15

和むな・・・

ホテルもスノッブ感ゼロで閑散期で人も少ない
ビーチに人はほとんどいない

さっそく試しにサンゴ礁へスノーケリングに出る
ドミニカ共和国の時と違って船が近くを通っていくこともないので
安心してサンゴ礁の上をふらふらスノーケリングできる

サンゴ礁まで約1キロくらいの距離をのらりくらりと泳いでいく
深さはあまり深くないし海自体はとても快適で安全
引き潮も強くないし波も殆どない
そのサンゴ礁の波がはじけるその後ろに行ってみると
突然深い深い回廊みたいになっているスポットがある
信じられないきれいで気がつくとバラクーダが横切っていく
ちょっとしたすきに見逃してしまうサンゴ礁の近くの魚に見とれていたら
私たちの横を銛Harpoonを片手の猟師が合図をして通り過ぎていく
魚たちをロープで自分の数メートル後ろに繋いで・・・

かっこよすぎるだろう、君たち

続く
on the road コメント:2 トラックバック:0

Santiago de Cuba 1

2014/05/27(Tue) 23:16
私のラテン巡礼はアルゼンチンからスタートし途中ぶっ飛ばしてキューバへ
(ドミニカ共和国もいったけど)

今年で野蛮と付き合って10年を記念してキューバへの旅
10年も飽きずに一緒にいられるなんて本気で新記録
大切なことは二人とも仕事も料理も掃除もせずただ楽しむ1週間であること!

野蛮はキューバはもう何度も来ていたけれどSantiagoは初めて

今回はもうひとつミッションがあった
それはキューバにギターの材料を届けるということ
野蛮がCanada Cuba Luthier Solidarityというキューバ音楽に感謝を込めて材料をキューバ人ギター職人に
提供するというグループとコンタクトを取って準備していた
彼自身ずっとこの数ヶ月コードだのボンドだのギター職人が必要なものをひとつづつ買い足してきた
Canada Cuba Luthier SolidarityからはBC州の素晴らしいサウンドボードの木材やらが届く
全部あわせてみたらその重さ約20キロ!スーツケース重さ制限ぎりぎりまで詰め込んで出発
これを届けることがきっかけに面白いことが起きることになる

Cubana Airline
飛行機借りてきたのかな?
飛行機が無印・・・
皆目見当がつかないキューバエクスペリエンスはもうこの時点で始まっていたのかもしれない

santiago 12

なぜか中国の音楽が機内に流れている
どうしてサルサじゃないんだ?

みんなに食べ物がまずいとかホテルがボロイとか散々脅されていたけど
そんなことは全然関係なかった
私の初キューバは思い切りツボにはまった
信じられないくらい面白いことばかり起きた!
そして沢山のことを考えされられる
ビギナーズラックかもしれないけど
Cuba、もうかなり好きかもしれない


続く
on the road コメント:2 トラックバック:0

今晩何食べる?

2014/05/11(Sun) 10:19
料理にはちょっとしたことであれっていうくらいおいしくなるコツがある
メモがわりに書いておこう

1.タイカレー

カレーペーストを炒めた後にココナッツミルクを入れたら
そこからココナッツミルクの油が分離するまで丁寧に炒めて待つ
これをするとなんとなくタイカレーが本場みたいな見た目になる
ライムの葉っぱを忘れないように!

2.麻婆豆腐
豆腐の下準備、なべにお湯を沸かしてそこに適度の塩をいれ(あまりしょっぱくならないように)
豆腐を数分間弱火でゆでてから使う
これだけで豆腐にちょっと塩分が浸透してふわっとなり俄然おいしくなる

最近はまっているのはパン粉の使い方
Gordon Ramsayのサーディンパスタに使われていた
ガーリックパン粉を作ってそれをふりかけのようにして
パスタにかけたりして使うとクリスピーでおいしい
食感が楽しい
焼き飯の上にもかけても美味

古いパンをフードプロセッサにかけて自分でパン粉を作って
フライパンにオリーブオイルを温めガーリックを焦げないように弱火で炒めて
そこにパン粉投入
カリカリになるまで炒めてあとは塩コショウで軽く味付け

にんにく2片にパン粉70グラムくらいの割合(2カップくらい?)

あと最近のヒットはバーニャカウダソースが残ったので
そこに茹でた緑レンズマメ(du Puy)とあえたら
とてもおいしい

料理のことになると話題尽きないのに
毎晩何作ろうか考えちゃうのはどうしてなんだろう?











cuisine コメント:1 トラックバック:0

お風呂

2014/05/10(Sat) 23:07
日本人のお客さんにお風呂を作る

これが初めてではないけれど
毎回ものすごく緊張する
当然失敗は許されない
特にお風呂の深さに関しては・・・浴槽探しだけでもかなりの時間を費やしている
そして次回は次回でまた別の商品を探さなくてはいけないのだろう・・・
日本と違ってスタンダードがない分余計難しい
これを見つけて設置するまでのんびり眠れないような日々を過ごした
洗い場も広くて満足してもらい、とても快適と満足してもらったのだけれど
二人続いて入るとお湯タンクの容量がちょっと足りなくなるらしい

やはり難しい
でも
日本式お風呂がある暮らしはいいよね?

ちなみにうちのお風呂はめちゃ浅い
その反面教師的状況からかお風呂プロジェクトはとても燃える仕事である





design コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク