FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2014 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

Glass

2014/10/25(Sat) 14:27
本気で久々の
一人きりの
グレーの空の週末は
ただただ好きな音を・・・
かきむしるような実験的絶品

スポンサーサイト



music コメント:0 トラックバック:0

待ち合わせ

2014/10/16(Thu) 00:07
昔は携帯なんてなかったから、待ち合わせはもっとエキサイティングだったよねという話題で盛り上がる
遅れているけどもう少し待っててと伝えるために時には無謀な手段を使って連絡をした話も飛び出す
(待ち合わせ場所の近くの店に連絡してそこの人に頼んでみたり・・・など)

飲みたくもないコーヒーをお替りして時計を眺めたり、駆け足でホームを走って赤信号すら長く感じたり、
待ったり待たされたり

「どうしたんだろう?」と待つ人のことを想いながら過ごしたあの時間

時間の無駄だったんだろうか?

私達の脳全体を使って想像力をかきたてた
遅れの理由

もちろんGPSだって存在しない
Google Mapだってなかった
方向音痴だったら待ち合わせ場所にうまくたどり着ける保障もなかった

歌謡曲は面白いほどロマンチックだったのはそのせいだろうか?
待つことは一種の修行だったんだろうか?

あまりに懐かしい


徒然草 コメント:0 トラックバック:0

エネルギー入れ替え

2014/10/05(Sun) 00:50
仕事パートナーであり友人になりつつあるPから先週
「うちの入居者の家で空き巣があってその対応で忙しかったの、ごめんね」というメールがきた
それは一大事であろう・・・
Pは女性一人で大家さんをしていて日頃からいろいろ大変だと聞いていた
でその入居者の人はフランスに出張していてすぐに帰れないという状況で
彼女が警察、刑事の対応をしていた
そして警察の人はその入居者の人の家族や親戚の方がいたらきてもらって掃除しておいたほうが
本人のショックは小さいでしょうといっていたらしいがその人にはそういう人がいない

ということで彼女が掃除することにした
でひとりじゃ何かと大変だろうし心細いんだったら手伝うよと提案したら
じゃあ是非きてほしいということで参上

さすがに荒らされた形跡はあったものの
犯人は確実に欲しい物が特定されていたと思われる犯行現場
そこにあった価値のありそうな物品は何一つ盗まれていないし
欲しかったのはただひとつ、現金のみ
どうもこの家にそれがあったと知っていた人の犯行のよう
そうとう気持ち悪い
ただし侵入した窓そして現金があったと思われる金属のファイリングキャビネットは
バールで醜く壊されていた

とりあえず指紋を検出した後のその粉をきれいに落とし(この粉と言うのがかなり細かい粒子だった)
ばらばらに床に落ちていたものをすべて袋に入れて
本人が整理できるようにしてきた
落ちていた服をたたみ、じゅうたんをきちんと引きなおしておく
これで彼女が戻ってきたときに
ちょっとはショックが減るはずだ

私たちは二人でそんな現場から悪いエネルギーを取り去るべく
せっせと片付けた
でもインテリアの仕事をしている私たちは最後の最後にキッチンのテーブルがうまく配置されていないことが
気になって二人でちょっと別の配置を試してみた
職業病というかマニアックというか・・・
これで入居者の彼女が笑ってくれたらそれでいい
あのテーブルの配置であの家のエネルギーが変わってくれるのならそれもいい
気に入らなかったら元に戻せばいいだけ

その後二人でピザを食べに出かけたらなぜか80年代の音楽が流れている
私たちのお互いの昔話に花が咲く
また来週もがんばるか、そんな気持ちになる
こんな女二人の土曜の夜も悪くない

徒然草 コメント:2 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク