FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2014 / 11
10≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫12

Pumpernickel

2014/11/25(Tue) 19:55
今日は近所のポーランド系のパン屋で
いつものうまいライ麦パンを買う
日曜日月曜日はしまっているし私が買えるチャンスは火曜日のみ
これでたったの2ドルなんだから・・・
(ちなみに鯖の燻製も買っちゃった、3.5ドル、安っ!)

最近はいろいろ凝ったパンやバゲットがやたら値上がりしている中
ここのパンはありがたい
本当にいい香りがする
当日は焼かずにそのまま食べるのがよい

ケベックに住んでいるころによく行っていたパン屋のことをふと思い出す
「あそこのPumpernickel、食べたいな~」

あれ、まてよ
あれ、黒いパンだ!

うちの父は樺太生まれで
ちょっと普通とは違う食文化に育ったようで
いつも私に
「ロシアの黒パン、食べたいな」と漏らしていた
私は東京から帰省のたびにどこかしらで黒パンを見つけて買って帰った
とても嬉しそうにしてくれていたけど
どれもたぶん彼の探してる黒パンではなかった
それは顔をみればわかった

今にして思えばもしかしたらガチガチの硬いタイプじゃなくてやわらかい
ライ麦系パンのことだったのではないだろうか?
そう、ちょうどPumpernickelみたいな感じの・・・

私がライ麦パンを食べて美味しいと思えるのも
そんな彼の血筋なのかもしれない

生きているうちに発見できなくて
なんだかちょっと残念
遺影の前にパン一切れ置いてみる


DSC_2860.jpg
スポンサーサイト



徒然草 コメント:3 トラックバック:0

転機

2014/11/21(Fri) 02:31
野蛮はまたしてもキューバへ行ってしまった
ギター職人の人たちへ材料を運ぶために・・・
今頃葉巻でもくわえてトローバにでも行っているだろう
彼は30度の太陽の下

私はマイナスのこのすっかり凍った土地で一人
宿題の彫刻と共に残った

彼も私も今年は転機の年

思いがけず将来設計を見直さなくてはならなくて
10歳年上の彼には定年とかそういうことが一気に急に近づいた
私は請け負う仕事も責任が重くなった

さてこれから10年、20年、どうやって何をしてどこで暮らしていけるのだろう?
今のままでいいのか?

野蛮は多分キューバも拠点にしたいのだろう
私はできればまだカナダで働きたいと思っている
日本に戻る気はない
私にはいったい何ができるんだろう?
私はいまさらだけど何者なんだ?

野蛮がふと呟く
「きみは僕とずっと一緒にいるつもりかい?」

「もちろん」

今確かなことはそれだけ

お互い違う空の下
考える未来





徒然草 コメント:2 トラックバック:0

苦手なもの

2014/11/08(Sat) 13:40
私はまわるものが苦手
小さいころは夢の中でそのまわるものが襲ってきて大泣きして目が覚めた
今もかすかに覚えているけれど
それは大型雪だるまのようだったり
ハリケーンのようだったり

一定感覚の騒音を繰り返すのも苦手
ブランコは好きだったけれどキイキイなるブランコの場合は
長時間そこにいられなかった
水道から水が一滴ずつ落ちるのを聞いているのはかなり苦しい

一定感覚の何かを見続けるのも苦手
夜の高速の外灯が嫌いだから夜は走らない

ケベックの海地方までいってのんびりしようと出かけていって驚いたのは
風力発電のあの「ぐるぐる」がいたるところにあったこと
それがあまりに巨大で定期的騒音を繰り返し
私の内在的に怖いものを二つ一気に揃えてそこに構えていた

だめだ
車から何十基もの風力発電が立つ姿を正視することすらできなかった
苦手をぜんぜん克服できていなかったことにもショックだった

ヒュンヒュンとその日の風の強さで騒音が聞こえてくる
どんなに魚釣り放題でも
この近くには住めない

EOLIEN.jpg

徒然草 コメント:5 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク