FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2015 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

カルト的反応

2015/01/08(Thu) 23:44
新聞社が襲撃された事件
フランスが怒っている
それがひしひしと伝わってくる

確かに絵は直接的で挑発的だと思う
それを真に受けるのは
そこに真実に近いものがあるか
よっぽど洗脳されているから
過剰に反応するのだと思う
久々に日本のカルト教団の事件を思い出した

東日本大震災のことについて書かれたフランスの週刊誌を読んで
私自身非常に嫌な気持ちになったことがある
でもそれは一つの週刊誌の一つの記事で私一人が消化不良だっただけ
あとは通り過ぎていく
ちょっとした愛国心でさえある種のカルト的感情で間違って使うと大変なことになる

個人的にはあの絵はちょっとやりすぎが続きすぎたのじゃないかと思う
書いていた本人も相当やばいと感じていたけれどもう引けなかったに違いない
描き続けることで戦っていると言っていた
フランスジョークは結構えげつない
そんなタイプのジョークが好きな国に住んでいたらしょうがないな、こいつらと
笑ってやり過ごさないと生きていけない
多くの人がこの新聞の絵を見てどこか憂さを晴らしていたのだろう

でも戦うっていう姿勢は果たして正しかったのか?
風刺画は書かれている人でさえ笑ってしまうようなものであるべきだったのではないだろうか?
ただしカルト的反応、どのあたりから火がつくのかはわからない

改宗していく若者の状況がどのくらいのものかはわからない

経済はぱっとしない
地位も向上しない
仕事も見つからない
人種差別を感じる
生きている楽しみがない

行き場がないからそこにいってしまうのか
それとも真剣に魅力を感じて行っているのか
それともやはり自分のルーツを探しにいってしまうのか
戦ってみたいのか

宗教は弱った心に強大な効力がある
他人を邪魔しないうちは何を信じようがかまわない
でも人に危害を加えるような思考になるんだとしたら
その宗教は多分間違っているか自分が受け止め方を間違っていると思ったほうがいい

面白いことのカテゴリーをインプットし直さないと
未来の夢は見れない

RIP


スポンサーサイト



徒然草 コメント:4 トラックバック:0

2015

2015/01/03(Sat) 12:21


2015年はじめるには、この曲がふさわしい気がする
節目にピアソラを聴くことで落ち着きを取り戻す

ウォンカーウェイも映画で使ってた
このピアソラで素晴しい一年を築き上げましょう

本年もどうぞよろしく

徒然草 コメント:2 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク