FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2015 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

文武両道

2015/07/23(Thu) 16:24
先週の安全保障関連法強行採決以来
急に増えたのかマスコミがわざとスポットを当てているのか
軍事がらみの記事が増えてる

防衛省が大学に研究費 軍事応用も視野、公募開始

驚いた
やる気満々なんだ
裏で大金が動いているのであろう
どこかの競技場とは比べ物にならないくらいの大金が・・・

国立大学から文系学部が消えるというニュースも目にした
ラディカルで論理的な人間を養成したいんだろう
でも人の資質によって無理な場合もある
そういうときは学がないままでいろってこと?
芸術系はどうなんだろう?
やっぱ不必要ですか?
文章を書いたり研究したりする才能があっても無駄なんだ
伸ばせるものを大いに伸ばしてあげられない教育制度なら
間違いなく後進国になったと言わせてもらいたい
文武両道という素晴しい言葉もあるのにそれすらもうどうでもいいよね
ここまできたら

日本はもう一回鎖国したらどうなるだろう?
「サコクノススメ」を売れっ子作家に書いてもらって・・・
自給自足で一回やり直してみたらもっと他の価値がでてくる
キューバだって鎖国に近かったよ

でもその際は教育方針は文武両道でお願いしたい

さようなら日本
そういう日が生きている間に来てしまうのかな・・・

スポンサーサイト



徒然草 コメント:0 トラックバック:0

ここんとこ

2015/07/21(Tue) 22:08
なんだか不穏な感じしかしない最近の日本のニュース

新国立については
ザハ案でいけるならそれでもよかったけど
若い世代にこれから修繕費とかいろいろ税金かかるよと一言注意してほしい
私としてはあの銀杏並木がどうなるのか、それが気がかりなだけ
実際2520億がもう高いのか安いのかわからない
これを労働人口5600万人で割ると4500円くらいってこと
ならなんとかなるでしょうの金額
出したい人がいるかどうかは別として・・・
問題はそれがあまりに無計画なまま進んでいたこと
建築家が建設費をまったく把握していないというのはあり得ない
できる気がしない
勢いがない
あれを観たいといっている人が殆どいない
ザハ自身のインタビューでも日本人じゃない私が設計するのが気に入らないのよなどと
話しているのは本当ならちょっと寂しい
そしてそれを公言してはいけない
絶対それが問題じゃないはずだ
日本の大半の人の美意識にあの形が美しいものとして響かなかったということなんだろう
確かにカブトガニとかカネゴンを想像する
亀などと呼ばれてしまうならばいっそ埋め立ててお台場みたいに海に浮かんでいればよかったのに・・・
根本にあるコンセプトが弱かったように思う
どこかやり遂げようというしつこさが足りない(苦笑)
必要だったのは安藤会見ではなく彼女自身による生の声でのプレゼンテーションだったように思う
ザハの形は個人客向けだ
ユニクロに何か作ってもらえばいい
ただし今の日本は新しいことにチャレンジする精神的金銭的余裕がないと世界に知らしめてしまった
やはり震災は多くの人の心に傷を残しまだ立ち直ってないのだろう
そう思った
オリンピックは移動式サーカス形式にしてしまえばいいのに・・・
おもてなしとは
日本に放射能問題がなくて
観光客に対して最低限の受け答えができるくらいの英語力もしくはジェスチャー力をつけることだ
どちらも現時点、相当不確か

老人の決め事はもういい
選挙権もある程度上限を決めた方がいいのではないだろうか?
政治家にも年齢制限65歳でアウトにしてほしい
ボケていたらきちんとした判断は望めない
多分完全に足を引っ張っている
総理大臣も2回目はなしでいい
一回失敗したら失敗したのだ
侍の国なんだから・・・

老人が嫌いな訳ではない
ただ引き際が肝心
だと自分にも言い聞かせている

政府もあまりに不透明すぎて
理解不可能
引き出してくる例が更に
理解不可能
本当にやりたいことがまだ言えないからああなってしまう?

日本人はまじめで一途だかからこそ
変な方向に行ってほしくない
他の国の人なら自分の身の危険になると思ったらある程度以上努力しないで
多分国に従わず自分の価値観に従えるのと違い

傾いてしまえば早いから


徒然草 コメント:0 トラックバック:0

2015/07/12(Sun) 21:32
私の父はいつも字を練習していた
多分字はデザインであり自分を表現する一つの方法だと思っていたようで
常にかっこよく書ける様に練習していたように記憶している

父が書くお祝い、香典、そしてお年玉に描くその字は本当に美しかった
大学のときに送ってくれた数通の手紙は達筆すぎて読めないほどだった

記帳するときもさらっとすばらしい独特のスタイルで書いた
自分の足跡を残すものをきちんと華麗に表現すること
美しい心がけだった

連日長時間図面を書き続けて起きた今朝
何故かそのことを想った
涙がでた

徒然草 コメント:0 トラックバック:0

元気がない日は・・・

2015/07/01(Wed) 08:25


俳優が・・・・・
ロードオブキングのあの方とか
メメントのあの方とか

砂漠の風景と衣装が印象的
オードリーヘップバーンの「パリの恋人」のニケの前でのジバンシーにも負けない勢い

また観たい







movie コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク