FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2016 / 05
04≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫06

発作的に聴きたくなる曲

2016/05/12(Thu) 01:38
プリンスが亡くなってものすごい喪失感だ
寂しい
私の音楽の世界に大きな穴があいてしまった
どうして音楽界の天才は長生きしないんだろう
もう一度コンサートで会いたかった
叫びたい
しばらくプリンスを聴いていた
難しい彼のギターも爪弾いてみる

その反動でなのか、なぜか今夜はこれだ
懐かしすぎて泣けてきそう
何度か聴いてしまった
絶対彼もプリンスのファンだろう
Epic sony時代が懐かしい


スポンサーサイト



music コメント:0 トラックバック:0

Merci Isabelle

2016/05/11(Wed) 08:53
Merci Isabelle

たまたま手に取ったフリーペーパーで読んだ記事

あまりケベックのTV番組は観ないのだけれど
ある人気トーク番組がありそこでTVでも活躍しているビジネスマン(だと思う)が
自殺した思春期の息子の話をした
その後世間のいろいろな反応があり
あらゆるタイプの手紙が送られてきた中、
彼がこの記事に一つの手紙を紹介している

多分自殺およびうつ病の原因はセロトニンという体内物質が不足しているせいだといわれている
セロトニンは日光も関係しているらしく
冬になるとうつになる傾向があるのも
それが絡んでいるらしい
この手紙の中でもそれと思われる話がでてきてどこか腑に落ちたようなことが書かれてる

Isabelleさんの手紙は私の心に深く届いた
それが自殺衝動ではなかったにしても
行き場のない心、自分の気持ちでどうしようもない焦燥
多分誰もが一度は感じたことがある気持ちで
そういう時人はどうしようもない行動を繰り返したりするのだろう
そんな自分を後から思い返すことは辛い

家族や友人が自殺して「どうして」と思い自分達を責める
うつや自暴自棄の人がいて「どうにかしてあげたい」と周りは思う

でもどうしようもないこともある

彼女は手紙で多分こう書いている
「息子さんの自殺にあなたは責任はない、彼は彼なりにいた、ただし一時的に展望が変形していた」

そういうことを本人の立場から説明してくれた彼女の手紙は
ひとつの例として
多分多くの人の気持ちを少し楽にしてくれるだろう






徒然草 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク