FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2020 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

美的指標

2010/03/31(Wed) 22:07
定説ではあるけれど
建築だのインテリアだのの仕事って内容が濃いわりには稼ぎは決して良くはない
が、空間について考える機会を与えられ、それについて考えることが一番楽しい工程であって
その作業に報酬が出るのならすごく素敵な職業である
問題はそれがほとんどの場合一筋縄にいかないことにあるのだけれど・・・
ひとつの決定に対してのリスクの金額も大きいのでストレスは多い
どんなに注意しても失敗もあるし、自力だけでは解決できないことだって多い
インテリアデザイナーというとデコレーターと混同されて
家具を選んだり、色を選んだり、カーテンを選んだりする仕事だと思われることがあるけれど
実際には夜中まで図面を書いていたり、現場で現場の皆さんと決定したり変更したり、
常に全体を見渡していなくてはいけないので結構ごっつい仕事でバランスと柔軟さを要求される
時にはそんな状況に一気に疲れて本気でこんな職業やめてやると思う瞬間もある

がむしゃらになりたくないと思っていても
気がつくといつもがむしゃらになってしまう自分
なんとなくずっとこのままじゃないかって気がして、めまいがする

先日たまたま探し物をしていて
いいな、いいなとどんどん引き込まれていって
ついにいったいこれは誰の作品だろうと思って見つけた
建築家中山真琴氏

なんと北海道で活躍
一気に親近感
痒い所に手が届くような感じで
心をくすぐるそのディテールの数々
ものすごくきちんと計算されてもしくは試行錯誤されて
でてきたと思われる線と光の取り込み方、品のある材料選び
こういう研ぎ澄まれてた空間を見るだけで
栄養になるし、インスパイアされる
彼の空間は素直というか嘘がないし真似もない
一匹狼的にひたすら自分が良いと感じるものを追求してきたのかなと勝手に想像する

最近ずっとひとりで仕事していろいろ自分の頭の中だけで考えてきただけに
いったい何をいいものとして受け止められるのかという自分の美的指標を探していた
彼の感覚は直球ストレートで私の心に届いた
美的指標は彫刻や写真であることが多かった
でも今回はその空間に直接行って体験したいと切に思う
いったいどこに惹かれるのかひとつひとつ確かめつつ・・・

ものづくりに大切なのはもちろん経験、技術、知識や感覚など
あらゆる要素に左右されるけれど
人生を楽しむことを知っている人じゃないと作れないことというのもある
だって人として面白くない人に面白い発想ができるとは思えない

そういう意味でも、ものづくりとは深いものだと・・・



スポンサーサイト



design コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://naokozo.blog67.fc2.com/tb.php/329-7f39dcc4
Next Home  Prev

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク