FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2020 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

下町の竜宮城、井上刃物店

2010/09/02(Thu) 12:43
うちの野蛮人は道具オタクである
というかギターを作るにも家具を作るにも必要だから買うわけであるが
ホームセンターの道具ではその品質に満足できない
高坊、筆を選ばずという言葉もあるが、安物買いの銭失いということわざもある
良い道具は手入れしだいで長持ちする
道具の手入れを怠らず良い道具を何十年も使っている彼は良い道具に値する
値段ではなく納得のいく商品を選ぶあたりに醍醐味があるらしい

そんなわけで毎回日本で自動的に道具屋、刃物屋めぐりになる
前回は刃物の街、岐阜の関市まで足を延ばした私たちである

今回の探している商品は
1.5mm(5厘)の平鑿と刃の部分が変えられるけれど先のほうまでまっすぐの導突というのこぎり
ほんとにマニアックというかこの二つともなかなかみつからない
そんな彼の仕事はかなり精密である

道具屋といえば一番に出てくるが合羽橋の水○屋
が、なにせ感じが悪い、日本にあってこれだけひどい接客は他に例を見ない
怖いもの見たさというか店員によって違うかもという期待とともに近くに行ったので寄ってみる
が、対応は前回以上にひどい、それも質問に対しての答えがひどい言い草だった
即効何も買わずに店を出る

今回出発前に目星をつけておいたもうひとつのお店、
井上刃物店
私はまったくこの店について知らなかった
ただどなたかのブログで名前を発見してそれで住所を取っておいただけ
依然住んでいたエリアの近所ということもあり、
下町にはいい江戸っ子堅気があるはずと期待
炎天下、交番に聞きながらやっとたどり着いた先には・・・

え、ほんとにこれ?
看板もない・・・

inoue2.jpg

でもその風格のある日本家屋に
これはただものではないと私たち3人が圧倒された瞬間

がらがらと扉を開けて
「すみません、こちら井上刃物店ですか?」
白髪の紳士が
「はい、そうです」
「ちょっと見せていただいていいですか?」
「どうぞ、どうぞ」

そこはまるで服部半蔵が刃物でも研いでもらいにきそうな店なのだ
刃物の数は多くはないけれどどれもこれも必要なものしかおいていないように思えるような感じで
一つ一つが丁寧に代々使ってきたであろうその壁の黒々と光る造り付け家具に収納展示されている
土間部分と畳部分に分かれていて
こんな店が江戸には多く存在していたのだろうと思うだけで心の奥が熱くなる

質問をすると店主の井上氏が一つ一つ説明してくれる
確実に丁寧に時には英語まじりで説明してくれるのだ
「ギター作りにはこっちの導突のほうがいいよ、本当に精密だからきっと向いている」
「鑿も2種類あるけれどこっちでも十分使えると思う」
押し付けは一切ないただただ上品な物腰できちんと接してくださる姿に感激
野蛮人が心から感動してるのが伝わる
野蛮人JRもなんだか映画のセットの中にいるような気分で内装を眺めている
私もなんだかタイムスリップしたかのようなその空間に
そしてその素晴らしい接客に陶酔しきっている

そうこうしていると奥様が私たちのためにアイスコーヒーを持ってきて下さった

ほんとに

心から感動

こういう店がある東京の下町は素晴しい
一生に一度行かなくてはならない店があるとしたらここだと思う

「よくスウェーデンからお客様が来るんですよ」とにこやかにおっしゃる
そりゃあスウェーデン人もいたく感動して帰るに違いない
いろいろお話を聞いていくと去年亡くなったアメリカの家具の巨匠も
時々ここから道具を買っていたらしい

結局最終的には導突2本、平鑿1本購入
あれだけあちらこちら探していたものはすべてこの店で見つかり
野蛮人、かなり高揚

私たちがモントリオールから来たのを聞いて
「帰りに鰹節屋さんが近所にあるから一本買って行ったら?自分で削った鰹節で作ったらぜんぜん味が違うよ」
とアドバイス
さすが、違いのわかる方だ

大興奮のままお礼を言って店を出る
こういう店に出会えたことを心より感謝

浦島太郎は竜宮城を去ったときこんな気持ちだったんじゃないか?
鰹節屋さんの鰹節を削ったら私たちは突然老け込むような気がして・・・


井上刃物店

東京都墨田区立川3丁目17-8

菊川駅から三つ目通りを
首都高7号方面に徒歩5分
スポンサーサイト



on the road コメント:11 トラックバック:0
コメント:
----

道具は:大事だと思います。
そして、刃物は日本のモノが優れているね。
私も十数万円の鋏を使っているけど、研いでは使いで、はや5年。

見習いで入ったスタッフにも同じものを買うように言います。
もちろん切れ味も違うし。仕事のスピードや正確さがちがう。
そして、大事に使う。

バ●とはさみは使いよう。なんてことわざもありますが(笑)
by: りょうすけ * 2010/09/02 03:49 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

やっぱりね、道具は大事よね~。
ほんとに日本の金物文化はすばらしいです。
そうか、仕事にそんなに違いが出るのね。納得です。

ちなみに井上さんにははさみはありませんでした。残念。

私の場合は、紙とペンとコンピューターが道具なんですけど・・・
カッターとかの作業が入ると興奮します(笑)

by: こぞう * 2010/09/07 16:52 * URL [ 編集] | page top↑
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2014/11/05 05:22 * [ 編集] | page top↑
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2014/11/05 10:46 * [ 編集] | page top↑
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2014/11/18 18:09 * [ 編集] | page top↑
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2014/12/10 03:40 * [ 編集] | page top↑
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2014/12/23 08:58 * [ 編集] | page top↑
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2015/04/11 07:21 * [ 編集] | page top↑
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2015/06/07 02:48 * [ 編集] | page top↑
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2015/07/08 22:33 * [ 編集] | page top↑
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2016/01/29 14:17 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://naokozo.blog67.fc2.com/tb.php/358-af2c4dd6
Next Home  Prev

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク