FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2020 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

脱皮 (オタワその1)

2012/08/06(Mon) 22:39
10日間のキャンプ生活の後
電気も電話もインターネットもトイレもないこてこての自然界暮らしに別れを告げ
現実味がないまま、オタワへ移動
気がつけば鏡を見たのすら久しぶりだ

オタワに着いて早速一番最初に見つけたホテルにチェックインし
(これがなかなかひどいホテルだった)
早速街を回遊

オンタリオといえばなぜかストリートドッグ
さっそくホットドック
イタリアンホットソーセージ、なかなかスパイシーでうまい

お決まりの国会議事堂をみても飾りのガーゴイルばかり気になる
ゴシック建築のディテールを観察すべきじゃないかと思いつつ
庭にプレーリードッグとうさぎ発見
どうも自然界からの脱皮中の私達にはまだまだ文化よりも動物に反応しやすい

センター街と思われる通りを通るがほとんど閉まっている
なぜか宝石店がまだ開いている
私「あ、ジュエリーショップにでも行っちゃおうか?」(半分冗談)
野蛮」さ、どうぞ~」
私「って本気?」
・・・そうだ、うちの彼って職人技が好きだからジュエリーを見るのが実は好きなのだ

キャンプだしとピアスもネックレスもバッグもない
よく言えばナチュラル、本当のことを言えばがさつ
うちの彼だってショートパンツにサンダルだ
よく入れてくれたな~と思うほどカジュアルな私達を迎え入れてくれたのは
ごま塩のロングヘア髪を縛って恰幅の良いエレガントな中年男性店員
「ようこそいらっしゃいました!コーヒー、紅茶、それとも何かカクテルでも希望があればどうぞ」
「いえいえ、結構です。閉店前にすみません、ちょっと見させてもらうだけで結構です」

と、ショーケースを覗くとそこには素晴らしいダイアモンドコレクションが・・・
以前友人からよくできた石のカットを出来る職人が非常に少ないこと、カットによってダイアモンドの輝きがいかに違うかを
教えてもらっていたのでついつい石ばっかりチェックしていたら
先ほどの私達に飲み物をと聞いて下さった方が説明しだした
これがまた素晴らしい説明で石にも見入っていたが彼の説明にも聞き入ることに・・・
嫌な顔ひとつせず見たい石を見せてくれる
私が気に入った輝きの素晴らしいそのダイアは12500ドル
指輪でもなくネックレスでもなく石だけの価格

そして次に見たのは
Hearts on Fireというメーカーの商品
その会社のカットにこだわる話を交えて
そこのDREAMというスクエアカットのダイアをルーペで覗かせてくれる
ダイア自体も素晴らしいけれど
もうこの時点でこの方のそのサービス精神に脱帽
絶対買いそうにない私達をなんの差別もなく受け入れてくれて
ここまで説明してくれるあたり客冥利につきる
なにか買うとしたらここで買いたいと思わせる
客商売とはこうでなくてはならないのだと私自身にも言い聞かせる

「今日は色々勉強になりました、有難うございました」とつい自然に口から出た

映画「ティファニーで朝食」のティファニーが存在するとしたらだぶんこの店だ
オタワに行ったら絶対この店に行ってみよう

Howard Fine Jewellers

ゴンザレス氏がもし迎えてくれたら
あなたは至上のひとときを過ごすことができる

スポンサーサイト



on the road コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://naokozo.blog67.fc2.com/tb.php/486-3dee42d1
Next Home  Prev

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク