FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2020 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

堂々巡り

2013/04/08(Mon) 08:12
うちに転がっていたJohn Wayne主演
「The Searchers」 を観る

監督はJohn Fordだ

うちにはウェスタン症候群みたいなのがあって
ときどきウェスタンフィルムを観る機会がある

西部劇はハードボイルドだ
フランス映画を観た後の
疑問を投げかけられて
その後は私たちが考えさせられるのとはちょっとちがう
要は話がわかりやすくざっくりすっきりしている
その裏には複雑な気持ちや背景があるがそれをわざわざ語らない

今回気になったこと
それはロケがモニュメントバレーで行われていて
話が進行して一行が遠征することになるのだが
進んでも進んでも背景はモニュメントバレー
これでは
堂々巡りだ

もちろんその撮りかたは圧巻でありすばらしい
行けども行けども砂漠の風景ということを伝えたいのはもちろんわかる
だったらもっと普通の風景からスタートすればよかったのでは?

が、わかる

基本的にどんな商売も売れている間はその手法を変える必要はないのだ

気に入った俳優と気に入ったロケ地で同じタイプの映画を作っていることで
いいのだと思う
何度も同じロケ地で撮っているからこそいいショットが撮れるのだろう
それにしても乗馬技術がすごくて馬に乗って移動できる時代に戻りたいなどと思ってしまった

次回の発作の際は、
ぜひ代表作「駅馬車」で勝負!

The_searchers_Ford_Trailer_screenshot_(crop).jpg
スポンサーサイト



movie コメント:2 トラックバック:0
コメント:
----

ウエスタンといえば、小さい頃に父の横で見ていたのを
思い出します。ああ、なんとたいくつな風景なんだーと
うとうとしながら。なのに今でもあの風景が忘れられない。。
映画の力ですね。
あと、こちらでDDRウエスタン(インディアン)というのを見ました。
もちろん悪者は白人アメリカ人。撮影はチェコかどこかで
インディアンはベトナム人?というもので、かなり異色で
おもしろかったです。今となれば、違った観点の映画はたくさんありますが、その当時に作られたというのを踏まえてみると重要な映画に思えます。
駅馬車いいですね。口笛で吹いてしまうメロディ。
by: aka * 2013/04/09 14:55 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

野蛮人JRがJohn Fordのことを調べているのでウェスタンがゴロゴロしていることが判明
黒澤監督がJohn Fordの映画を非常に気に入っていたようですね
そう思ってみると確かにインディアンやアメリカ人を侍に変えれば同じ感じに見えてきました
うちは母が洋画好きだったので面白い映画のある日は「宿題やめて映画観にいらっしゃい」って感じでした

> あと、こちらでDDRウエスタン(インディアン)というのを見ました。
それなんですか?ちょっと野蛮人JRに報告しておきます!ゲットしてくれるかもしれない
ヨーロッパレア映画の貴重な情報ありがとうございます。

かと思えば今朝は石原裕次郎の「狂った果実」を観ていて・・・
いやぁ、裕次郎さんって顔がリス顔?
これがまた全然好きになれないタイプの映画だったけどインテリアとか服装とか楽しみました
映画的視点からの考現学も面白いかもしれません
by: naokozo * 2013/04/09 22:01 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://naokozo.blog67.fc2.com/tb.php/545-b7cd0b0d
Next Home  Prev

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク