FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2020 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

撮るという行為

2013/04/30(Tue) 18:55
朝早くにケベック行きのバスに乗り込むと時に素晴らしい風景に出会う
先々週、ちょうどモントリオールから Sainte-Hélène島に渡ったあたりに目にした
誰もいない朝焼けの朝もやに浮かぶ遊園地のジェットコースターの線
それはたまたま通りがかりに撮れるというものではない風景でもあった
一年のうち数日だけその時間にしかとれない、もしくは二度と訪れない、そういう貴重な瞬間

私の父は写真を生業として暮らしていた
函館市の観光ポスターを撮っていた頃
日曜日の朝には
「おう、撮影に行くぞ」と誘われたものだった
いざ行くと道路に伏せたり、だれの家かもわからないようなところをよじ登ったりして
アングルを探して撮っている父をみてなんだか恥ずかしく思ったりしたこともある
知り合いに出会ったり全然知らない人とも信じられないくらい長い立ち話に付き合わされたりして
そして私も年をとり、だんだん一緒に行かなくなってしまった気がする
それでも私は父の目を通して発見した函館のスポットが沢山あり
撮影の思い出とともに未だに思い出す
丹頂鶴をとりに釧路へよく出かけていたこともある
汽船会社のカレンダーの仕事を引き受けた頃はその会社の方と一緒に
一週間位出かけっぱなしだったような気もする
というわけで元気な頃の父が家にいることは非常に少なかった
がそれを寂しいと思ったことは殆ど無い
疲れていたとは思うけれど父は楽しそうに仕事していたと私は記憶している

今のようにデジタルカメラとは違い
フィルムを現像するまで何が撮れたかはわからない時代
時間と経験と勘と反省とすべて総動員して良い写真が撮れるかどうか
それは毎回半信半疑だったのだろうか?
暗室の匂いが染み込んだ父のジャケット
ポケットにはいつもなにかしらフィルムが入っていた
うちの家族にはどこかそんな父の日常が感染していて
なんとなく「何かを撮りたい」という得体のしれないモチベーションがある

切り撮るという行為は一期一会

自分の足で撮りたいものを撮りに出かける
そんな気持ちで久々に撮りたいと思った






スポンサーサイト



photo コメント:6 トラックバック:0
コメント:
----

学生の頃、お父さんの撮影に便乗させていただいて、札幌から函館に帰ったのを思い出しました。じつは今、その時の撮影先の隣に務めています。 
by: たらちゃん * 2013/04/30 22:55 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

そんなことがあったんですか?
随分札幌とも往復していました。
一時期札幌に秘密の基地のようなアパートがあってそこでこっそり飛行機作ってました。
縁とは不思議なものですね~!

by: naokozo * 2013/04/30 23:59 * URL [ 編集] | page top↑
----

説明不足だったね!
夏休みにnaoちゃんも一緒だった時さ。
お父さん達、ビール飲んじゃってnaoちゃんずっと運転してたのさ。
大人の秘密基地っていいね、飛行機って紙?金属???
by: たらちゃん * 2013/05/01 01:49 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

あ、なんかうっすら思い出した~!
飛行機はたしかバルサだったよ、けっこう手の込んだ模型
私達、不良の大人を運んでたのか~(笑)

by: naokozo * 2013/05/01 06:32 * URL [ 編集] | page top↑
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2014/01/21 04:29 * [ 編集] | page top↑
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2014/11/04 18:03 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://naokozo.blog67.fc2.com/tb.php/551-6e7d8b41
Next Home  Prev

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク