FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2020 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

Santiago de Cuba 2

2014/05/28(Wed) 22:37
ホテルに着いたのはもう夜だったので
ラム酒を飲んでとっとと寝て起きたらそこにあるのは

santiago 7

リゾート地なんかでゴロゴロするのは旅じゃないと思っていたのに
この気温
この湿度
そしてこの海
だれがうれしくないだろう?

まずはビーチを探検
歩けるところまで歩いていってみる
途中Marioという青年が近づいてきて
「うちは山に暮らしていて両親も暮らしが楽ではないので
旅の最後にシャンプーやTシャツとか使わないものをくれたら
お礼に自家製の蜂蜜やコーヒーを持ってきます」という
「いいよ、金曜日に帰るからその朝でもいいかな?」というと
「ありがとう、じゃ金曜日の何時?」
「それはまた決めよう」
という感じ

カニが穴から出てきては入る砂浜
ここの砂はそんなに白くはないけれどきれいだ
ビーチの往復は大体1時間
途中熱くなって海に飛び込んだ

santiago 9

この地方は山に囲まれている
毎朝左を向けば山、右を向けば海
木の種類こそ違えどまるで日本にいるような気分

マンゴーの木からたわわに下がるマンゴーの実
落ちてちょっと痛んだマンゴ、これは豚の食料にするらしい
豚もおいしくなるよね

santiago 14

お気に入りのこの子、興味津々
santiago 13

キューバの食料はあまり改良されていないのだと思う
パイナップルも白っぽいし
マンゴーだってちょっと食感ががさがさしている
肉類も野性っぽい味がする
バナナはまだ青いままだったので一度も食卓に上ることはなかった

道路はヤギだらけ
牛も豚も通るけど圧倒的にヤギが多い
そこをクラクションを鳴らしてヤギを避けながら進む
ホテルにもヤギがいて彼らが芝生を刈る

santiago 15

和むな・・・

ホテルもスノッブ感ゼロで閑散期で人も少ない
ビーチに人はほとんどいない

さっそく試しにサンゴ礁へスノーケリングに出る
ドミニカ共和国の時と違って船が近くを通っていくこともないので
安心してサンゴ礁の上をふらふらスノーケリングできる

サンゴ礁まで約1キロくらいの距離をのらりくらりと泳いでいく
深さはあまり深くないし海自体はとても快適で安全
引き潮も強くないし波も殆どない
そのサンゴ礁の波がはじけるその後ろに行ってみると
突然深い深い回廊みたいになっているスポットがある
信じられないきれいで気がつくとバラクーダが横切っていく
ちょっとしたすきに見逃してしまうサンゴ礁の近くの魚に見とれていたら
私たちの横を銛Harpoonを片手の猟師が合図をして通り過ぎていく
魚たちをロープで自分の数メートル後ろに繋いで・・・

かっこよすぎるだろう、君たち

続く
スポンサーサイト



on the road コメント:2 トラックバック:0
コメント:
----

わぉ!!
いつの間にキューバだなんて!
この海の色!ほぼ絵画としか思えない森!何、この豚?!

地球上にこんな世界があることを、随分と忘れていたことに気づきました。
もっと空想の世界に連れて行ってくださいな!続きが楽しみです!
by: aka * 2014/05/29 17:35 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

すごいでしょ?たった飛行機4時間半でパラダイス到着です

私達も寒いここから抜け出して夢みたいでした、ここも大分夏らしくなりましたが・・・
やっぱり旅っていいですね
自分の忘れていた感性が瞬時に研ぎ澄まされて
その土地をできるだけ掴まえたいというそのプロセスを楽しみました

面白いこと起こりすぎて何から書いたらいいのかわからない状態で
ちょっとずつ書いていきます

by: naokozo * 2014/05/29 17:42 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://naokozo.blog67.fc2.com/tb.php/640-fed9a955
Next Home  Prev

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク