FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2020 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

労働条件

2014/09/18(Thu) 08:29
この記事を読んでかなり考えさせられた

ホワイトカラーエグゼンプションが狙い撃ち? 残業時間の長い業界・職種ランキング

日本の男性は家事をしない
第一の理由はそういう風に育てられていないから
少なくともそう思っていた

でもこれを読んだら
「ああ、これでは家事なんかできるわけない」
と思った
単純に就労時間が長すぎる

これでは既婚女性が同じ土俵では戦えない
女性がこういう就労条件で家事もこなしたら
多分みんな倒れる(要お手伝いさん)
既婚じゃなくても家が回らなくなる
土日は掃除洗濯して終わりだ

月間75時間の残業・・・軽く毎日一日3時間くらいは残業
これが普通になってしまったら結婚すら難しい
おまけに時々接待で酒?ああ、私には絶対にできない
2つ年上の兄は多分こういう感じで仕事をしてきたのだろう
私の最近の大変忙しかった状況が彼らの日常らしい

うちの彼は週40時間、それ以上は絶対に働かない
会社では限られた時間内で見合った分の報酬に沿った結果を出すことと
残りは自分の時間ときっかり線を引いている
おまけに1年に5週間のホリデーを使い切っている

ホワイトカラーエグゼンプションの導入
そんな彼らの時給が一気に下がるということ?
この時代に更にこんなことをするなんて
士気下がらないんだろうか・・・

残業のトップの業種は多分四六時中アイデアなどを考えている仕事で
残業してなくても多分そのプロジェクトが夢にまで出てくる仕事だと予想
(デザイン業も同じ)

やりがいがある
仕事が好き
報酬がいい

わかる、わかる

でも自分が楽しめる暮らしはできない
常にストレスと達成感のぎりぎりのところを進む
その身を削ってまでの会社人生、
時々考え直すだろうな・・・



スポンサーサイト



徒然草 コメント:7 トラックバック:0
コメント:
--たぶん,,,--

その様な日常の中に
社会的なものとは違う
自分の中の何かを磨く、研ぐ
そういう感覚を持ち続けられるか,,,
駆られつつも呑まれず

確かにそんな絶妙なバランスの上にのみ
日本の大多数の会社員の日常は
成立している気がします
たぶん,,,

思考を停止し受動的にのみ生きる

そんな大多数の上司に囲まれた若者たちが
進歩的なビジョンを描けないのは
当然のこと

わたしが愉しくありつづける
それ以外に、それ以上の答えはない
そう、かんがえています
by: kaz * 2014/09/18 10:37 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんにちは!
うーん、私なんかにはありえない生活だけど、
実際私の姉もずーとこんな感じで働いています。
もちろん結婚もしてないし、マンションというかほぼホテル住まいのような生活。

少し前の記事で、あしたのジョーがありましたね(笑)好き好き。
誰だったかなー、モーターヘッドのレミーだったかな、
”大事なギグの前にシャワーを浴びられた奴は、成功したも同じことだ”
という名言?をされまして、これを聞いてからは、私の中では一つの計測術になっています。
プレゼンの前にシャワーを浴びられましたか?(笑)

継続させ続ける仕事と、目標を達成させていく仕事、というのに大きな違いがあるのでは?と、この記事を読んで考えさせられました。
by: aka * 2014/09/19 06:00 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: たぶん,,,--

愉しくありつづける

そうですね、多くの部下を持つKAZさんはそういう心構えで
仕事されていれば良い指標となることでしょう
「楽し」ではなく「愉し」を選ばれたことが印象的です

この日本の奥深い社会構造はなかなか理解されにくいと思います
一日で一番長い時間をすごす部分をいかに大切にかつ愉しめるか
でもやっぱり時にはきちんと休暇をとること、自分に栄養を取り入れる時間
私はここが非常に大切だと思っています
それには働いてる人たちをきちんと休暇に送り出してあげられる
社会そして組織がそこにないといけないと思います



by: naokozo * 2014/09/19 09:57 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

AKAさん、お元気ですか?順調ですか?
お姉さま、同じく未婚のうちの兄にいかがですか?(爆笑)

プレゼンは私は参加しなかったので余裕でシャワー!影武者的仕事です
というか準備は超ギリギリにはならずに済みましたが
その後しばらく業者とのやりとりで大変でした

そうですね、継続させ続けるタイプの仕事は残業時間も少ない感があります
逆に目標を達成させていく仕事は残業時間が多いように思えます
やっぱりやりがいがあるからやっている
そういう風に仕事をしている人が多いんでしょうね、そう思いたい
それにしても周りを気にせず
時にはがつんとお休みとってね、と声をかけてあげたいです

日本では長期で休みを取ると妬みみたいなものがあるでしょう?
レストランでもしばらく閉めていると「あの店結構余裕あるんじゃない?」と噂がたって
みんな行かなくなったりして・・・
あの感覚、絶対まずい!

by: naokozo * 2014/09/19 10:19 * URL [ 編集] | page top↑
--Re*2: たぶん,,,--

「休息」
そうですね、とても大事だと感じます

休暇に対する日本的な雰囲気・価値観の
打破。。。これもまた大事

わたしの場合は
ほかの人たちとは異なるタイミングで
長期休暇を取得したり
先日の様に「単身ジョグジャ」したり。。。
言葉だけでなく行動で示すことによって
すくなからず波及効果があると信じ
また感じています

若い頃、ホンっトに会社が潰れそうな
状態を一時経験し
半年間、休暇はおろか全く休日なし
という経験をし。。。

自分の糧にはなりましたが
家族には申し訳なかったなぁと
いましみじみ想います

まぁ今年 高校卒業するひとり娘に
「小さい頃のパパはキライだったけど
いまは好き」って言われて
はなの下をのばしているアホ親です(笑)

まぁでもそんだけ厭な奴だったんだろうなぁ。。。
by: Kaz * 2014/09/19 20:42 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: Re*2: たぶん,,,--

お嬢さん、素直な意見ですね!
それは大変な経験だったことでしょう。会社の皆さんがものすごい努力をされたことでしょう。
働くということには常に家族の理解と協力は必須ですね

昨日お二人にコメントを書いた後で
「もしかして労働時間が長いことのひとつの原因に提出期限の設定に問題があるのではないだろうか?」
とも思いました。
残業なしでも提出できるくらいの期限が設定されていない。
それともそこに更にもう一歩上の何かを追加するために起こる期限とのバランス?
日本人は最短の時間でできるように多分非常に厳しい条件を出してきます
こっちに比べたらすべて新幹線的スピード
見積書の提出、工事の期間、などなど・・・・
その代わりそれを承認してもらうための上司の判をもらって戻ってくるあたりで時間がかかる
私が働いていたころはそんな感じでした
ここがもっと短縮できるのであれば時間を他にまわすことができるのに思ったことがあります
こっちで思うことは思ったよりみんな待てるということです
そこで思ったより早くなったときは更によろこんでもらえる
そして普通の人としての暮らしが蝕まれる状態にまでなって仕事しないという徹底した姿勢
自分もそういう仕事をしたくないから相手にもそこまで望めない、そんな感じでしょうか?

人として普通に暮らすために必要な時間
買い物ができ料理ができて家族と話し合う時間がある
これはやはり健全な家庭と社会のために確保したいものです
by: naokozo * 2014/09/20 12:09 * URL [ 編集] | page top↑
--Re*3: たぶん,,,--

「家族の理解と協力」。。。

 ほんと、そうですね

 あらためて思いだしました
 ありがとうございます。
by: Kaz * 2014/09/20 21:48 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://naokozo.blog67.fc2.com/tb.php/658-d893b5fb
Next Home  Prev

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク