FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2020 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

2015年の色

2014/12/15(Mon) 11:33
「今年はどんな色が流行りなんでしょうね」
という質問が時々あるので書いてみる
ここの色というのは壁の色

それぞれの会社から毎年今年の当社のお勧めカラーが発信される

Benjamin Moore 2015年のトレンドカラー

結構グリーン系
全体的にパステルの絵みたいな感じ

Fallow and Ball 2015年のトレンドカラー

ここにもBreakfast Greenなるグリーン、コロニアル調ホテルのアフタヌーンティールームを髣髴させる感じ?
でも使い方を間違えると病院の色になりえるので注意

Tanner's Brownは思いのほか使える色
ただしリフレクションで部屋がピンクっぽくならないように注意
グレーだと思っても元の色にパープル系が混ざっている場合は要注意
ピンクが好きならもちろん問題はない

ケベックにはSicoという会社があってそこのスキームをよく使うけれど
彼らのトレンドカラーはあまりに幅広くて
結局すべての色がトレンドみたいになっている
アメリカでよく見かけるSherwin-Williamsも同じような感じ

壁のペイントにはいろいろな会社があるけれど
ハイエンドの商品の色のニュアンスはすごいと友達のデザイナーが教えてくれた
色を作るためのピグメントの数が全然違うらしい

たとえば
Fine paints of Europe

Donald Kaufman

この手の会社には流行の色はあまり存在しない
多分この商品を一度塗ったら10年は変えないでしょう?
そういう感じだろう
1ガロン125ドルくらいはするようなので結構投資する覚悟じゃないと塗れない

私はあまり沢山の色を勧めない
そこに生きているものがいる限りそれがカラーになる

お気に入りの色というのはある
グレーだったりベージュだったりベースになる色
失敗しない色

ただし濃い色の壁は好きだ
濃い色があるとほっとする空間ができる
でも全部濃い色にするとかなり重たいので白や他の色とのバランスが大事
日本では濃い壁ってあまりないと思うので
海外に住んでいたら是非一度は濃い色の壁に挑戦してもらいたい

流行りはあるけれど
結局住む人が快適な色じゃないといけない
持っている家具ともあわせないといけない
だから実際には流行の色はあるようでないもの
ただインスピレーションとしてその年のキーワードがあるとそこからインスパイアすることで
選ぶことに価値を一緒に見出すことができるのは確か
それから色自体に「和紙の白」とか「ペンギンの黒」と名前がついていて
結構最終的に決定の鍵となることもある
言霊パワー?




スポンサーサイト



design コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://naokozo.blog67.fc2.com/tb.php/670-d1f3d117
Next Home  Prev

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク