FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2020 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

難題

2015/11/16(Mon) 10:36
重い重い週末だった
そして
どの意見をきいてもしっくりこない

カナダはシリア難民を25000人受け入れるといっている
難民受け入れに反対ではない
一日ずれただけで助かる命だってある

そして起きたパリのテロ
今このタイミングで難民受け入れをやることが正しいことなのか?
多くの人が関心をもっていることだろう
難民受け入れ賛成の署名活動と
難民受け入れ反対の署名活動が
同時に進んでいる

一番近くで大切な人を守る代わりに
他の人を人道的理由で助けて
それによって近くの大切な人が離れていく
こういう結果になってはいけないと思う

普通に移民するにはID、過去の住所、過去の勤め先、警察の証明書、銀行通帳まで提示して
1年近くもしくはそれ以上かかってやっと移民が認められる
だから突然25000人をたった1ヶ月で受け入れることが相当異例のケースであることは間違いない

この難民を受け入れる寛大さはその後希望の光になって何かが変わるんだろうか?
カナダ人は面白い人種だと最近つくづく思う
本当に人種感覚がグローバルな人が多いのだ
選挙に続いてまたしても大きな賭けに挑戦している
それを見守りたい

祈ろうという言葉が多く出てきて
宗教心のない私は非常に居心地が悪い
宗教を信じる人が神の名を使って人を殺すようなことが
この21世紀に起こっていること事態
まったく悲劇的状況だと思っている
それはただの理由づけでしかかない
じゃないと行動を正当化できないから・・・
人に迷惑をかけないのであれば何を信じてもいいとは思っていたけれど
正直もう宗教など世界からなくなればいい
被害者には本当に心から哀悼の意を示したい
こんな方法で人の命を失ってはいけない

最近読んだ中で一番繰り返して読みなおした記事
(インタビュー)イスラム過激派の系譜 パリ政治学院教授、ジル・ケペルさん

”すべては、イスラム教徒自身が過激派の思想を拒否することから始まります。
その営みなくして、イスラム過激派の活動が消え去ることはありません”

そしてダライラマの言葉

People want to lead a peaceful lives.
The terrorists are short-sighted, and this is one of the causes of rampant suicide bombings.
We cannot solve this problem only through prayers.
I am a Buddhist and I believe in praying.
But humans have created this problem, and now we are asking God to solve it. It is illogical.
God would say, solve it yourself because you created it in the first place.

We need a systematic approach to foster humanistic values, of oneness and harmony.
If we start doing it now, there is hope that this century will be different from the previous one.
It is in everybody's interest. So let us work for peace within our families and society,
and not expect help from God, Buddha or the governments.

宗教家なのにこういうことが自由にいえることは素晴しい
宗教は個人的にはいらないけど
哲学は必要だ




スポンサーサイト



徒然草 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://naokozo.blog67.fc2.com/tb.php/690-7306ebc9
Next Home  Prev

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク