FC2ブログ

WABI SAVIE QUEBEC

2020 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

外国人でいること

2007/04/19(Thu) 02:47
ご存知の通り、
アメリカ、ヴァージニア工科大学の発砲事件は世界を震撼させた

犯人は韓国からのアメリカ移民、ちゃんと永住権を持っていた
こういう事件があると彼のオリジン「韓国」というところだけが
報道上浮き上がってきているように思える

韓国企業はアメリカでの自社製品の広告を
自粛しているという記事を読んだ
こういう風に自粛するのは普通のことかもしれない
みんなこういうことの後はこわいのだ
こういう「開いた穴」からは同じようなことを
企んでいる人が連鎖反応で理由なく次々と出てくる
けれどこの事件に「連帯責任」は必要なのだろうか?

彼が韓国人だから起きた事件ではない
ほんとは銃の規制がもっと問題のはず
もっとも人を撃つことなどと考えたことは彼の問題だろうが・・・

なにか都合が悪くなると移民のせいになりがち
アメリカは移民でできた国なのに

それでもやはり
外国人として他の国に住むときは
ある意味その国を背負っているのだ

いいことをしても
わるいことをしても
なにかあるとオリジン「何々人」と必ず書かれる
そういう報道に、同国人は多少の影響を受ける

戦争中に外国人だったがために強制収容された人たちは
そういう連帯責任の犠牲者だ

国境がないことは理想のようにも思えるが
ECのように経済効果のために協力はできても
現時点の地球にはまだまだ他国に入られたくない
「国境」があるのだ

この余波は必ずアメリカで暮らすアジア人にやってくるだろう
(誰が中国人で誰が韓国人で誰が日本人か見分けるのは
難しいから)
これから数日、もしくは数ヶ月間なんとなくいやなことを言われたり、
肩身の狭い思いをしたり、差別を受けないことを願う
もちろん私だって例外ではない

もちろんこういう事件をまったく混同しない人も大勢いる
きちんと理由は「そこにない」とわかっているからだ
と同時にこういう事件にいとも簡単に動かされる人も
大勢いるのだ

こうして大きく報道される目立つ事件は人の関心を引き
今日もまたバグダッドで167人が爆弾テロで命を落としていることや
アルジェリアの爆弾テロについてはもうあまり考えないように
なってしまっているのではないだろうか

被害者の方々のご冥福をお祈りします


スポンサーサイト



徒然草 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://naokozo.blog67.fc2.com/tb.php/89-a0e14670
Next Home  Prev

プロフィール

naokozo

Author:naokozo
インテリアデザイナー
モントリオール在住
釣りにきのこ狩りに大忙し

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

RSSフィード

リンク